2016年08月16日

アウトドアレシピ夏

お盆休みは八ヶ岳でキャンプしてました。

最寄り駅はJRの駅の中でも
一番標高が高いと言われている野辺山駅。

最高気温24℃、
汗をだらだらかくこともなく
ものすごく快適で、

キャンプ場周辺は
どこも景色よく、
ドライブも最高でした。

今回つくった料理が
どれも美味しすぎだったので
レシピ備忘録。

1日目夜
・スキレットで焼き(蒸し?)トウモロコシ
・燻製(ベーコン風ハーブ豚、ウインナー、ゆで卵)
・アヒージョ(ミニトマト、ズッキーニ、茄子、オイルサーディン、パプリカ)

<トウモロコシ>
皮ごとスキレットに入れて火が通るまで焚き火台の炭火で焼く
1T8A1643.jpg

香ばしくてあま〜〜いトウモロコシできあがり。

<燻製>
ダッチオーブンにアルミホイルしき、
燻製チップを広げて網をのせる。

ゆでた卵は皮剥いて、
ウインナーはそのまま、
ベーコン風ハーブ豚は、
豚バラ肉の塊を
塩、オレガノ、タイム、バジルなどのハーブ、ニンニク
などに2日間漬けたものを
網にのせて、蓋して火にかける。

ベーコンは1週間塩漬けして、
塩抜きして、乾燥するらしいです、
今度挑戦してみたい。
1T8A1701.jpg

燻製チップはナラを使用。
先にゆで卵とウインナーとりだし
ハーブ豚は1時間くらいやったのではないでしょうか。
1T8A1653.jpg

脂がほどよく落ちて
市販のベーコンよりはふっくらジューシー、
出来立ても美味しかったけど
3日目の朝に薄く切って
カリカリに焼き直して
パンにのせて食べるのも美味しかった。

<アヒージョ>
スキレットで熱したオリーブオイルに
みじん切りにんにくを入れて香りがついたら
適当な大きさに切っておいた野菜とオイルサーディンを入れて
火が通るまで。
1T8A1655.jpg

バケットにのせて食べました。

2日目の夜
・燻製(じゃがいも、さつまいも、ハーブ鶏)
・ズッキーニとハーブ鶏のソテー
・ミートソース、ペンネ

1T8A1703.jpg
1T8A1701.jpg

他は写真をとりそこねましたが、
美味しかった〜

朝はご飯炊いて、厚揚げ焼いたり
前の日の残りを焼き直してパンにのせて食べたり。

たき火を囲んでワイワイご飯食べ
火をみながらみんなでまったり。

蝉の声が聞こえて
トンボやチョウチョがとんでくると
子供たちが虫取り網を振り回して・・・

ほんとキャンプで過ごす時間て
豊かだー。

今年はあと2回キャンプします。
1T8A1717.jpg
posted by risayamashita at 05:49| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

夏のアウトドア料理レシピ/フォレスティングコテージ@檜原村

昨日、ピース小堀さん家族のお誘いで
東京都檜原村にある
フォレスティングコテージへ。
林業の傍ら、
林業で使用している木を有効活用して
コテージを経営していらっしゃるそうです。

子どもたちの世話と
アウトドア料理に夢中になっていたら
写真をとり忘れたのだが

ピザなどを焼ける石釜、
ベーコンなど燻製できるスモーカー、
などもあり、
降り立った時点でワクワク!

おまけに綺麗な川が流れていて
魚、カニとりまくり!

最高の環境でした。

私は久々アウトドア料理ということで、
大はりきり。

前々日から

手羽先タンドリーチキン
ハーブ塩麹漬け鶏胸肉
ゆで卵燻製
鶏つくね
茄子、ズッキーニ、ミニトマト、オイルサーディンのホイル焼き
雑穀ソーダブレッド
焼きおにぎり
メロン、パイナップル、ブルーベリー、レモン、シナモンはちみつマリネ

子どもたちがお腹すいたといったときのために
ゆで枝豆
ゆでトウモロコシ

を仕込んでいきました。

ダッチオーブンでの燻製はかなりハマり
ゆで卵を燻製したらすごく美味しかったものだから

仲間からいただいた
あゆ、
塩こしょうで味付けしたチキン、
も燻製に。

なんといい香り!
この夏のキャンプは燻製ブームとなりそうです。

5家族で10人以上の子どもたちと
わいわいがやがや
石釜ピザ焼いて、
川で遊んで魚、カニ、おたまじゃくし大量にとって
スイカ割りして

最高に楽しい一日でした!

みなさんありがとうございました☆

------------------

<夏のアウトドア料理レシピめも>
(写真とればよかった・・・)

*メロン、パイナップル、ブルーベリー、レモン、シナモンはちみつマリネ
メロン半分、パイナップル3分の1をほどよい大きさにして
ブルーベリー1パック、レモン輪切り5枚、
レモン汁2個分と蜂蜜適量まわしいれて、
シナモンスティックを半分に折って
2本分いれ一晩ねかす。

*茄子、ズッキーニ、ミニトマト、オイルサーディンのホイル焼き
各野菜を適当な大きさに切ってホイルの上にきれいに並べて
オイルサーディン、オリーブオイル、塩、胡椒(黒、白、ピンク)をふりかけ
スキレットで蓋して野菜がくたっとするまで火を通す。
そのまま食べても美味しいけど、バケットにのせても美味しい

*燻製
ダッチオーブンの底に
アルミホイル→燻製チップ(今回はナラ)→足付き網→食材
の順でおいて
火にかける

様子見て色がかわるくらいまでやる
と夫に指導されました。

来週末は
長野でキャンプする予定です。
何つくろうか、もう今からワクワクです笑
posted by risayamashita at 13:51| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅干し

今朝、早起きして梅を干した。
やっと今週真夏日が続くというので。

そうしたら
起きて来た長女が

なんだかすっぱいにおいがするな〜
あ、梅だ〜

といって梅が干してあるのを見ていた。

長男も
あ!梅が干してある〜!

と朝起きて真っ先に梅を見に行った。

子供達は
朝起きた瞬間から
面白いものを
五感をフルに働かせて
探してるんだなー。と感心。

季節の仕事は
子供達の豊かな感性を育てるにも
大事なことなんだなーと思った。
posted by risayamashita at 13:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

夏に竹布レッグウォーマー

先週自主保育で合宿、
愛川ふれあいの村
へ行っていたときに、

宿泊棟が寒くて
レッグウォーマー
を借りました。

借りたのが
竹布のレッグウォーマー

暑くなくて
でも暖かくて
柔らかくて
肌触り滑らかで

ものすごい気に入ってしまい
帰宅して、即購入。

夕方帰宅してお風呂に入ったあと
靴下ははきたくないけど
足首まわりがちょっと寒い気がしていたので
届いて早速使ってみると

あら、ほんとに快適!
足先はあいてて涼しくて
でも足首はあったかい!

私は実は肌がものすごく敏感で
あわない素材だと
すぐかゆくなってしまうのだが

竹布はかゆくならないし
気持ちいい!ほんと気持ちいい!

気に入った。
この夏の相棒に決まり。
posted by risayamashita at 19:43| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

幼児と低学年向け「性と生命のお話」

竹村絵美先生の
幼児と低学年親子向けの
誕生学講座に参加します。

一緒に参加しませんか〜?
絵美先生、とっても明るくて元気ハツラツ
楽しくて面白い講座を展開してくださるはずです☆


【幼児と低学年向け性と生命のお話】

日時:8月25日(木)13:00−14:30

場所:Wave Yoga Studio
〒113-0033 東京都 文京区本郷2-18-9 ドームヒルズ本郷3階B

赤ちゃん人形、骨盤模型、胎盤&へその緒、
幼児や低学年の児童が理解しやすいやさしい絵と言葉をつかって、
うまれてくるまでお腹の中で何をしていたか?
どうやってうまれてきたか?
(命の道、命の窓、両方の生まれ方をお話します)
などお話していきます。

良書の回覧、質疑応答時間もあります。

5歳までに80%以上の子供が『いのちってどこからきたの?』
と質問するそうです。
商業的な間違った情報に出会う前に
「性と生命の話」親子で一緒に学びましょう!

受講料:3,000円(母親&父親の大人2人参加:4,000円)
大人の参加人数を予約数にお入れ下さい。

定員:15組
ご予約の締め切り:8月23日(火)
8月23日にワークショップの開催の有無をご連絡させて頂きます。

申込先:https://coubic.com/waveyoga/297843

☆誕生学アドバイザー 竹村 絵実☆   

公益社団法人 誕生学協会認定 誕生学アドバイザー
日本マタニティ・ヨーガ協会 認定インストラクター  
YOGA.ed.公認キッズヨガインストラクター      

1990年代にヨーガを始め、国内外でヨーガを学ぶ。
プログラム開発や指導案の作成、インストラクター養成を手がける。
現在は、自身の出産をきっかけに、聖路加国際病院、自由が丘ヨガスタジオ、
伊勢丹などで、産前産後ヨーガを指導中。
同時に、世田谷区立、目黒区立、横浜市立、川崎市立などの小学校はじめ、
保育園、幼稚園の子供達と保護者に誕生学講座を行っています。

サラママヨガ:http://www.saramomyoga.com/  
誕生学講座関連ブログ:http://ameblo.jp/emisara/   
posted by risayamashita at 05:46| Comment(0) | 出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

参院選

両親から、
宗教と政治の話はしてはいけない、
と教えられてきたので

選挙で誰に投票するかなどは
あまり話なさないようにしてるのだけども、

今回の選挙は、
どうしても、どうしても、
一人の母親として、
子どもたちの未来を思うと
いてもたってもいられなくて、

勇気を出して、
何人かに、
投票に行ってほしい、
投票に行く前に
自由民主党の「日本国憲法改正草案」の内容と怖さ
を調べてほしい、

とお願いしました。

憲法改正されたら戦争できるようになる
とか
今回の選挙がすごい大事だ
ってことを知らない人もいて、
ほんとにびっくり。

おい!
って思ったけど声かけてよかった。

私は昨日期日前投票に行きました。

選挙を通して、
望む未来を自分で選択できることに
感謝しつつ、
もうあとは祈るばかり。

大丈夫、必ず
平和って言葉と戦争って言葉が
この世から消える日に一歩近づける、って。
posted by risayamashita at 04:11| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集中力を育む

昨夜机いっぱいに材料と道具を並べ
約2時間ほとんど言葉も発さず
縫い物をしていた5歳長女。
unnamed.jpg

浴衣の帯や帯紐、旗などを縫っていたらしい。
いつの間にか、
もらったばかりの新しいバスタオルが
切り刻まれて、縫われていたが笑
5歳の子どもの集中力が
2時間も続くことに本当に驚く。

子育てはすぐに結果はでないもの
と思いながらも

遊びに集中しているときは
話しかけない、
途中で遊びを中断させない、

やりたいことを
やりたいと言っているときに
やりたいだけやらせる、

テレビがない
(集中して自分と向き合える)

自然の中でたくさん身体を動かす
(インプットとアウトプットのバランス)

といった環境づくりが

影響しているのではないかなぁと
ちょっと嬉しい^ ^
posted by risayamashita at 02:29| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母さんの未熟が子どもの自立心を育ててる?

朝8時に家を出発し
母も保育当番で子どもたちと一緒に
一日中羽根木公園プレーパークで走り回って
夕方17時半近くに帰宅

という生活が続いていたのと

さすがにこの暑さで
木曜日の夕方は
かなりヘトヘトで。

帰宅してから

お母さんヘトヘトに疲れて
もう動けないよ〜〜

と弱音を吐いていたら

5歳長女が
「そしたらわたしがお夕飯に
ホットケーキつくるよ!
お母さん休んでて!」
と言い出して

たたききゅうりと
人参とコーンのホットケーキを
焼いてくれた。

材料はかるのと、道具を出すのと
生地をフライパンにのせる

のは手伝ったけど

ほとんど長女が準備してくれた。

頼もしい!

みゆうがつくったホットケーキって
ほんとに美味しい!

と言ったら

そうでしょう?
またつくってあげるよ!

と、すごく誇らしげな表情だった。

まぁ、ホットケーキは子ども三人が
勢いよく食べ尽くし
わたしと夫のご飯は
その後わたしが作りましたという
オチつきですが笑

変に頑張り過ぎず
感情抑えつけすぎることもなく
等身大の自分でも
許してくれて
大好きでいてくれる
子どもたちに感謝。

unnamed-2.jpg

unnamed-1.jpg
posted by risayamashita at 02:28| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イライラした時こそ本当の自分とつながれるチャンス!

もっともっと自分らしく
無邪気に素直に純粋に今を楽しんで生きたい、

誰の目を気にする事もなく
常にありのままの自分でいたい、

そのために、

自分の奥底の深い本音を
丁寧に探る必要がある

そして、

自分の固定観念、思い込みを
とことん破壊したい!

そんな思いで過ごした一週間。

最近読んだ本と、
参加した講演会に
かなり影響を受けた。

それらの本を読んで

*感情は抑え込まなくていい、ため込まなくていい。
イライラ、は本来の自分とつながるための目印

*まずは自分を満たす、自分に自信をもつ、自分を信頼する

*ねじれているからいけない、本音はなんだ?

が今の自分の課題だと知った。

---------------

ちなみに

あなたのなかのやんちゃな神さまとつきあう法
金城幸政著


読んで
金城幸政さん講演会に参加し、

ピース小堀さんの可能性無限大ライブ
に参加し

やんちゃな感情とつきあう法
金城幸政著


たった一人の自分を満たせば、たった一人の男(ひと)と最高に愛しあえる
劒持奈央著


を読んだ。

---------

それで実際、
最近自分の中でものっすごく
もやもやイライラしていた出来事を
学んだことをもとに、ひも解いてみた。

*状況
朝、8時に家を出なければならなかったのだが
子供3人の世話と家事が間に合わず
家を出る10分前、ものすごく焦っていた。

夫は前夜仕事で遅く帰って来て
まだ寝ていた。

あまりに手いっぱいだったので
1歳次女の世話をお願いしたのだが、
夫は寝ており

イライラしてしまった。

このときの自分の気持ちをひも解くと

*イライラしてしまう自分に自己嫌悪*

朝イライラしてしまって
夫もすごく嫌な気持ちになってしまっただろう、
本当に申し訳ない

私は感情をコントロールできない
最低な母&妻
という思い込みがあった!

感情コントロールできないからって
最低な母&妻ってことはないし

感情を素直に出せてスッキリした!
って思えたらいいんでないか?♪

*家族優先で仕事を調整できない
夫と、社会への不満*

土日も平日もほとんど仕事が忙しくて
夫と話したり
一緒に過ごしたりすることができない
こんな生活がずっと続くなんて嫌だ!
家族より仕事優先にせざるを得ないなんて
おかしい!

家族で助け合って子育てしたい
家族で幸せな時間を過ごしたい

一人で子供三人の世話(しかも自主保育!)
と家事全部負担するの
大変すぎる!
もっと手伝ってほしい、頼りたい

でもそれを言えない、なぜ?

仕事が忙しくて睡眠不足の人に
子育てや家事を手伝わせてはいけない
という自分の思い込みがあった!
(だから頼んでも嫌なかんじだったのか!)

子育て、家事という自分の仕事に
自信と誇りが欠如してたし、
仕事が忙しくて眠かったら
家事育児は手伝えないだろうって
夫を信頼してなかった!

そんなことないよね?!♪
夫は
仕事が忙しかろうが寝てなかろうが
頼ってお願いしたら
やってくれる器の大きい人だ!
(きっと笑)

*集合時間に遅れたくない*

集合時間に遅れると
みなに迷惑がかかる、
集合時間に遅れてはいけない
という思い込みがあった!

でもそれは誰がそう決めた?
遅れる人と思われたくないのか?

集合時間に遅れたからって
どうってことはないよね?♪

というかんじで、
ひも解くとあら不思議!
楽しい!

自分がイライラすることって
本当に最低なことだ、
最低な人間だ、
って落ち込むばかりだったけど、

イライラすることが
何か発見できるチャンス!
やった!イライラしてる!面白いぞ!

って感じになってしまった笑

学ぶって大事だなー。

自分と相手を尊び、信頼し、

過去にできてしまった思い込みを取り払って

自分の本当の気持ちに誠実に生きる。

そんな生き方、素敵〜!楽しい〜!!

明日も何が起きるかワクワクだな〜
posted by risayamashita at 01:43| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

自主保育のよさ

2月より、
主に羽根木公園プレーパークで活動している
自主ようちえん ひろば
に通っており

7月からようやく
預け合いに参加することになったわけですが

自分が預け合いの当番
(他の子どもをお預かりする)
に入って

自主保育だからこそのよさ
を実感した出来事。

ーーーーー

晴れて暑くなった日でした。

お昼近い時間に
男の子3人が
木の枠で囲われブルーシートでつくられた
プールで遊んでいました。

3人ともかなり長い時間遊んでいたので
寒くて震えている子
唇が紫がかっている子
がいました。

わたしは
そろそろ着替える?
って声をかけました。

でも、
「着替えない!まだ遊ぶ!」

また、
他の子たちは
お昼ご飯を食べるということで
移動を始めました。

そこでわたしは
みんなお昼ご飯食べるみたいだけど
そろそろ着替えてご飯食べよっか〜?
と声をかけたのですが

「まだお腹すいてな〜い!」

ということでしばらく
男の子たちのプール遊びにつきあってみることにしました。

ちなみにこのプールの中で
何をしていたかというと

ある子は
泥だらけの靴を洗っており、

ある子は
壊れた車(足で蹴って乗る手押し車)を入れて
浮かせて乗っており、

ある子はビー玉、おはじきを投げ入れておりました。

プレーパークだから許される、
しかも他に入っている人がいなかったから許された行為・・・笑

そのうち2人が
プールの枠に腰掛け
水からあがり、
(たぶん寒かったのだろう)

もう一人も
「寝転がってご飯を食べたら
(服が)乾くじゃん!」

と言い出したので
濡れた服のまま
弁当を持ってみんながご飯食べているところまで移動。

もう一度念のため
着替えようか〜?
と聞いても3人とも
断固として着替えないというので
それ以上言わないことに。

3人はみんなと少し離れ
みんなから見えない場所で
寝転がってご飯を広げ始めました。

私の推測ですが
みんなに見られると
「寝転がって食べちゃいけない」
と注意されると思ったから
その場所を選んだのではないかな、と。

一人は寝転がって食べ、
一人は寝転がって食べていたけど
食べにくかったらしく、座って食べ
もう一人も立ったり座ったり寝たりしながら食べ
ておりました。

顔色もよく、別に寒そうでもないので
いいか、と思って
着替えを強要せず、

寝転んで食べたら、服が乾くかどうか
やってみたいならやってみればいいよね、
と。

見てみぬふりして
そっとしておき
寝転がって食べるのを
少し離れたところから見守っていました。

こういうのって
自主保育ならでは
なのかなーと思うのです。

保育時間終了後
ベテラン保育者の一人が

「それは見守れてよかったと思う。
きっと大きくなってから
今日のことを思い出す日が
くると思うのね。」

とおっしゃって。
私はそこまで考えてなかったのだけど

いつかこの子たちが
幼児期にここで過ごした時間が
すごく満足いくものだった
って思える日がくれば
それだけでいいなって。

みんなと一緒にご飯を食べなきゃいけない
とか
濡れたら風邪ひくから着替えなさい
とか
ご飯を座って食べないと行儀が悪い
とか
言わずに

丁寧に見ていると

彼らは
こうしたらどうなるだろう?
っていうのを常に真剣に研究していて

なぜそうするのか、
それぞれに、しっかりと考えを持っている。

それを本人が納得いくまで
やらせてあげられる。

そんな環境で過ごせることは
すごく幸せです。

保育する側として私は

子どもの意志を尊重し
できるだけ見守る保育

は予想外のことがたくさんおきて
本当に楽しい、と感じます。

そして
子どもたち一人一人が
立派で感動します。

子どもたちの気持ちに
丁寧に寄り添える人になりたいです。
posted by risayamashita at 01:45| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする