2018年02月23日

子供を信じて見守る

子供を信じて見守る

わたしは子供たちの喧嘩には
ほとんど口を挟みません。

たぶん子供たちにとっては頼りなくて役に立たなくて意地悪な母さん。

子供の喧嘩には口を挟まないし、
わたしに言いに来ても
へー。そっかー。じゃあどうしたい?どうしようか?
しか言わないから。

うちの子供はわかってるからわたしのところに言いに来ません。

大人の過干渉が子供の成長の芽を摘んでしまうんだよ!

って大田区に住んでいたときに
ある保育園の先生に
叱られたことがありますが、

子供たちのやりとりを
ただ見守っていると

子供たちは子供同士で
解決できる力があります!
考える力あります!
人を動かす力あります!
誰もが納得するいいアイディア出せる力あります!

実は先日

トラブルがあったときに
わたしに
誰々が何々した!と言いに来たり、

わたしが介入して解決してくれるように一生懸命訴えて来たり
する子がいました。

泣くといつも周りの大人が解決してくれてるのかもしれません。

でもね、わたしは絶対手を貸してやらないよ!
自分たちで解決できる力があなたにはあるから!
自分の力で自分の心地いい場をつくることはできるんだよ!

と心で思い、
そっかー。わたしは見てなかったから
みんなで話し合ってね。
と遠巻きに見ておきました。

その時は時間もなくて
本人は納得いかない様子のまま帰ってしまいました。

でも、出来るだけ小さいうちから
トレーニング必要だと思います。
問題解決能力(←と呼ぶのかな?)

長女には過干渉過ぎてるなあといつも反省。。
posted by Early bird at 17:22| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする