2019年03月07日

学生時代に衝撃を受けた身体がポカポカあたたまるごはん

わたしが陰陽調和とかに興味を持ち始めたきっかけは
大学生のとき
若杉友子先生(若杉ばあちゃん)の
野草料理教室に参加したことでした。

若杉先生から
食べ物に陰陽があること
現代人は身体が陰性に偏りがちなこと
食べ物を陽性に仕上げる調理法などを学びました。

当時のわたしにとっては目から鱗の内容でした。

驚いたことは
帰り道会場から駅まで歩く間に
身体中が足の先まで
ポカポカ暖かくて
暑すぎて上着を一枚脱いだこと。

調理法や食材を少し工夫するだけで
こんなに身体があたたまるのか?!?!😲

と衝撃でした。

当時わたしは4つのアルバイトを掛け持ちしていて
終電で帰ったら3〜4時間寝ると
また出かけていく
というような生活で

今思えばいつもクタクタに疲れていたし
冷え性で常に足の指先は
冷たく冷え切っていましたが
あまり自覚なく気にしていませんでした😢

そんなとき参加した
若杉先生の野草料理教室で
身体が元気になって

自分の身体が
ボロボロだということに気づいたし

料理の時の少しの工夫で
身体が変わるということを知ったのです。

それからわたしは
食べ物を陽性に仕上げる
ということに
とても気をつけるようになりました。

せっかく料理をするなら
人の身体が元気になるようなごはんを作りたい
と思うからです💓

わたしの母は栄養士で料理の先生だし
妹も管理栄養士でとても料理が上手です。
実家に帰ってキッチンに立つと
わたしが一番の劣等生😂

けれどもわたしは
調味料、調理道具、調理の時の少しの工夫で
食べ物を陽性に仕上げる
のはとても得意です😌💕

食べ物を陽性に仕上げたときと
そうでないときは
全然味が違いますよ☺️

食べ物を陽性に仕上げたり
陰陽調和の調理法で
食べ物のパワーを最大限に引き出す
方法を
お伝えする

元気になる重ね煮ごはんと
ごきげんおやつ

という会を
5月30日(木)に開催しますので
ぜひぜひご参加ください💕 

(申込受付開始は4/24(水))

詳細はこちら
E2047C8F-2BB1-4866-B891-1506EB10A238.jpeg
posted by Early bird at 05:28| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする