2010年11月23日

映画「玄牝」

いろんな人に薦められ、映画「玄牝」を観ました。


この映画の舞台は、愛知県岡崎市にある吉村医院。木々がこんもりと生い茂る森の中にあるこの産科医院には、「自然に子を産みたい」と願う妊婦たちが、全国からやって来るらしい。「不安はお産の大敵。ゴロゴロ、ビクビク、パクパクしないこと」と繰り返すのは同院の院長吉村正先生は、これまで2万例以上のお産に立ち会ってきたとのこと。


この映画を観て思ったことのひとつは、
自分の母親から聞いている出産風景。印象は
自分の母親のものだけでしかないということ。

誰一人として同じように産まれた赤ちゃんはいなくて
生まれてくるときには一人一人全く違ったドラマがあるんだって思いました。

私は、10歳年下の妹がいて、
妹がうまれたときは、病院で立ち会ったのだけど
妹が生まれた風景と、映画はまったく違ったものでした。


私はこのブログでは発表してなかったんだが、現在3月下旬に生まれる予定の赤ちゃんがお腹にいます。
私自身が妊娠がわかったとき、正直なところ、嬉しい気持ちよりは、不安な気持ちが大きかったのです。

仕事や、家族などいろんな理由はあったと思うが、
今考えてみれば、「産む」ことへの恐怖は不安の大きな原因のひとつであったと思います。

なぜなら、私は、母親が妹を出産する現場に立ち会ったとき
「感動した」というよりは、「こわい」という印象をもったからです。


そんな不安を和らげてくれたのは
先輩から借りた本でした。

ママを守るために生まれてきたよ!

この本を読んで、
赤ちゃんがお父さんとお母さんを選んで、
一番適切なタイミングでやってくるってことを
素直に受け止められました。

宇宙すべてが協力しなければこんな神秘な現象は起きないわけで
最高にベストなタイミングで私たちのところにやってきてくれたんだ
ってありがたく思えるようになりました。

新しい命が生まれるということがどういう意味価値あることなのか、
すごくちっちゃな視点でしか見れていなかったと思い反省もしました。


それから自分が分娩する病院をあちこち捜し歩いているうちに、
今、お世話になっている助産院と出会いました。

芽ぐみ助産院


最初電話したら「必ず見学に来てもらわないといけません」と言われて
見学にいったところ、すごくいろんなことを教えてもらえたのです。


私は最初、病院で産むのがどうしてもいやだった。
なぜなら、陣痛促進剤を使われたり、吸引されたり、会陰切開されたり・・・
私も苦しむし、赤ちゃんも苦しむお産は絶対嫌だと思ったからです。

でも、それを助産師さんに話したところ
「現代人は、病院の医療に頼らざるを得ない身体になってしまっているから
医療介入なしで出産することができないのです」

という返答がきて衝撃でした。

「腹筋がなければ会陰は切れてしまうから会陰切開するし、
身体が冷えていれば陣痛が微弱で陣痛促進剤を使わざるを得ないし・・・。」

など、自分の身体づくりをしっかりしなければ医療介入せざるを得ないし、
医療介入なしで自然にお産できる身体をしっかりつくれば
私にとっても、赤ちゃんにとっても、気持ちいいお産ができるんだ
ということを知ったのです。

そして、食べ物のエネルギーや栄養も落ち、体力も落ち、不健康的な生活を送っている
現代人は医療に頼らないでは、赤ちゃんをも産むことができなくなっている
という現状をとても重く受け止めました。

自ら選んでこわいお産をするのは絶対やだ、と思い
わたしは、自分の身体をしっかり鍛えて助産院で産めるようがんばろうと決めました。


また、同じ時期に出産する予定の友達から借りた本も
とても衝撃的でした。

えらぶお産


昔のお産はどうだったのか、とか、病院でのお産で普通はどんなかんじなのか、とか、
自然分娩でどういうお産なのか、とか、
いろいろと知っておくことで自分の選択肢を広げることはすごく大事だと思いました。


「玄牝」をみての感想は個人的にはいろいろあるんだけど、
こういうお産もあるんだ、っていうのを知るって意味もあると思います。


そしてやはり最後の場面はとても印象的でした。

病院では、死ぬことは×、生きることは○とされているが
生まれることにも意味があり、死ぬことにも意味がある、

池川先生の本にも死産で生まれてきた赤ちゃんのことが書いてあったけど
生きることと死ぬことは表裏一体で

産むってことは死をも覚悟することなんだと思いました。


この話題に入っていくと思うことがいっぱいありすぎて書ききれないので今日はいったんこの辺でとめときます。


ラベル:映画 
【関連する記事】
posted by Early bird at 22:45| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「玄牝」見たんですね。

吉村正先生の本も面白いですよ。

自分のからだの自然を信頼していれば、怖いものはないですよ!
Posted by マタニティ整体・産後整体専門:吉村光弘 at 2010年11月25日 17:57
ありがとうございます!そういっていただけるととても安心します!
Posted by ry at 2010年11月25日 18:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: