2013年07月15日

古事記の読み聞かせの会 古今カフェ開催しました

7月14日(日)に古今カフェ第四回「くにうみ」開催しました。
>>開催報告

次回は9月8日(日)で
また新しい紙芝居を作る予定です。

毎回紙芝居をつくるために
スタッフだけで勉強会を開催するのですが、
その勉強会は実はかなり面白くて
私はそれがかなり楽しみなのです。

古今カフェを始めて、
古事記に関する本を色々と読みました。

数々の絵本たち
(神社庁から取り寄せたものもあれば、
図書館で借りてきたものもあり色々と)

それから
神話がわかれば「日本人」がわかる 古事記は日本を強くする


など。

古事記を読む意義がわかると
より古事記が楽しくなります。

そして古事記って結構難しいイメージだけど、
内容をわかりやすく解説してもらえると
さらに深く読みたくなる。

何か迷ったり、困難なことがふってきたときに、
逃げたり、悲観的になったりせずに
前向きに立ち向かって壁を越えていくにあたっては

やはり何か自分の心が立ち戻れる
本質的なメッセージがあると
強いなぁと思うのです。

それが、
会社でいえば社訓とか理念とかなのかもしれないし
宗教を持っている人は宗教だと思うし、
お気に入りの本という人もいるだろうし、
恩師の教えという人もいるだろうけど

そういう意味では
幼いうちから古事記を読み込んでいれば
人生とても役に立つだろうなぁと思います。

子供達にもぜひ古事記のメッセージを伝達できるよう
もっと勉強していきたいと思います。



posted by risayamashita at 03:45| Comment(0) | 古今カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: