2013年11月05日

地域のおじちゃんたちに育てられた子供時代

今日は
区民大学子育てと地域講座
第5回 想いをカタチにするために 最初の一歩の踏み出し方
に行ってきました。

一人一人、こんなのあったらいいな、とか
これをやりたい、とかいう思いを発表しました。

私自身がここまで講座を受けて感じていることは

「地域に住んでいる人たちと助け合って暮らしていきたい
という意志のある人たちが、集まっている場があったらいいなあ」

ということ。

その場で出会って信頼関係ができた人同士で

「困っていることがあったら助けたい
と思っている人たちに対して

困っていること、助けてほしいこと
がある人たちがその情報を発信できる仕組み

をつくれたらいいなあ」

私の中で色々と細かい構想はあるのです。
他の場との差別化とか、
ターゲットとか、
そこの場にくる意味とか
課題とそれを越える方法とか。

ずっと3年前からあたためていたことなのです。

あとは本当にそれを「やる」という決断ができるか。
だと思います。

タイミングをみて発信していこうと思います。

それはそうと、
今日、ワークの最初に
「子供時代に地域と関わった経験
を書いてみよう」
みたいなワークがありました。

それで、自分が小学校から高校まで
生まれ育った静岡県沼津市で
どんなふうに地域と関わってきたかを
思い出す機会をもらいました。

そこで発見したことは、

自分の子供時代に、
地域の大人達に育てられた
という経験があったから
「地域で子育て」
というテーマにピンとくるものを
感じたのだということでした。

私は、古い家に生まれたので
「●●●(地域名)の山下の長女です」
と自己紹介すると
だいたい古い家のおじさんおばさんおじいちゃんおばあちゃんは
「あー●●ちゃん(祖父の名前)ちのね」
というふうに、祖父と知り合いだったので
どこを歩いていても、常に地域の人の目があって
助けてもらったり、逆に、悪い事はできないな、なんて意識もあったり。

そして中学校、高校のときには、
自治会の青少年育成部に属していた「リーダースクラブ」
というのに所属していたので

納涼祭、文化祭、餅つき、年末清掃など
行事があれば必ず出動。
大人たちに混じって行事の運営側の立場で色々と
やらせてもらいました。

地域の子供会の活動の遠足、1年生を迎える会、6年生を送る会、
祭礼なんかあるとレクリエーションダンスや、ゲームをやりに行き、

年に一度は小学生対象のキャンプを企画運営、
月に一度小学生対象の定例会(ゲーム、ダンス、工作など)を開催・・・

毎週1回打ち合わせがあったし、
土日はいろんな行事に参加していた、

高校のときは部活もせずに
一番楽しくて打ち込んでいたことと言えば
リーダースクラブの活動だったのです。

その関係で地域のおじさんたちには可愛がってもらいました。
お祭りなんか行けば
「おーー!りさーー!元気かー?かき氷食べるかー?」
とかいって呼び止めてもらえて嬉しかったなー。

思い起こせばわたしは、
かなり積極的に地域活動に参加していた、
かなり多くの地域の大人に世話になって育ってきた、
そして、地域でいろんなことに挑戦したり、成長したりする機会をもらえた
ということに気づきました。

いろんな世代の人が集まることで
生み出される楽しさ
広がる世界観
とかに魅力を感じていたのかも。


困っているから助けてほしい
とかそういうのじゃなくて

とにかくいろんな世代の人と混じり合っているのが
楽しい

それが私が地域の人と関わりたい
モチベーションなんだ

ということに気づけて
それはとても大きかったです。

来週最終回、どうなっていくやら
まだまだわかりません。
楽しみです。
posted by risayamashita at 16:36| Comment(0) | 区民大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: