2014年02月10日

原動力

土曜日、雪の日に、子供達が珍しく18時に就寝したので
主人が帰宅してから、二人で映画を見ました。
見た映画は、
「千と千尋の神隠し」

私がこの映画を初めて見たのは中学3年のとき。
内容は
最初のほうでお父さんとお母さんがブタになってしまったこと

カエルがカオナシに飲み込まれたこと
くらいしか覚えていなかったので
初めて見た映画のような感覚で見ました。

私がこの映画を見終わってから
人を動かす原動力となるものがなんなのか
ということを考えていて
それを書きたくなったので、今ブログを書いています。

カオナシが金を出すので
油屋のみんなが、金欲しさに
カオナシにごちそうをこぞって運ぶ中、

主人公の千尋は
カオナシに、金やごちそうをすすめられても
「いらない」というんです。

油屋のみんなの原動力は「金」だった。
だから、金をくれるときは
カオナシを
「気前のいい客」「最高のお客様」と
ごちそうだってだすし、踊ったり、歌ったり
最高のもてなしをする。

逆に、人を飲み込んで
千にしか金をださなくなったら
カオナシは
「ひどいお客」「恐ろしい客」
となった。

人の「金」に対する欲望は膨れ上がるけど
その希望がなくなったときに
一気にしぼむ。

対して千尋の原動力は
愛する
お母さんとお父さんを助ける
ハクを助ける
という使命感
だった。

ここででてくる「金」を
日常に置き換えてみたときに
金=お金、地位、名誉、などとすると

人間は本来、
「愛する誰かを幸せにするために」
というのが一番大きな原動力になるのかなと。
そしてその愛が深ければ深いほど。

千尋は最初、臆病で、礼儀正しくもなくて
自分に自信がある感じでもなくて、普通の子
だったけど

お母さんお父さんを助ける、
ハクを助ける
という使命を背負った瞬間から

気の強そうなリンにも
怖そうな釜爺にも
もっともっと怖そうな湯婆婆にも
毅然とした態度で接し、
帰れるかもわからない湯婆婆のお姉さんに会いに行く旅にも出る。

戦争中、神風特攻隊ができたのは
お母さんと息子の絆が強く、愛が深かったから
と聞いた事があったり

結婚して、子供ができて
男はどんどんかっこよくなるとか聞いたことがあったけど
そういうことなのか、と思ったのです。

お金が欲しいとか、もっと有名になりたいとか、
あれやこれが欲しい(物欲)とか、
そういうことが原動力では弱いし、
大きな事はなし得ないんだと思います。

私がここ数年で、使命感が強くなったと感じるのは
そういう意味だったのか、というのもわかった。

家族のために、料理とか、掃除とか心をこめてする
みたいな直接何かすることもそうだけど、

子育て環境を整えるために社会に対して何かしよう
というモチベーションがあがってきたことも
愛する可愛い子供達と旦那さんがいるからなんだと気づいた

愛する誰かのために全力を尽くす人生
なんて幸せな生き方なんだろう。

家族がいることの幸せを改めて感じました。
【関連する記事】
posted by Early bird at 15:51| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: