2014年03月08日

受容して、自由を獲得する生き方

今日、
ママアカデメイア
☆お産を通して命の尊さにふれ合えるお話し☆
 感動のお産エピソードから今を素敵に生きる
 エッセンスを得られる会

を開催しました。

この話は何度聞いても、泣ける。

吉村医院の吉村正先生の著書
いのちのためにいのちをかけよ


幸せなお産が日本を変える


ほんとにバイブル!!

ひとつの新しい命のために、
命をかけてお産をするのが
女の仕事だよ、ほんと!

私は吉村先生と、吉村医院の元婦長岡野さん
との出会いのおかげで、
二人の子供を出産するときに

新しい命をこの世に生み出すために
自分の命をかけてお産をする覚悟を決めた

だからとても強くなれたと思うし
命がけで身体づくりをした

そこまで命をかけて全力で取り組む仕事が
人生で何回できるだろうか?

子供のことを観察しながら日々思う事は

私ももっと子供達のように
毎日毎瞬全力で生きたい

ってことだったりする。

子供達みたいに、本能的に
動物的に、人間らしく、女らしく
自由に、気持ちよく、全力投球できるのが
お産だった
そんな気がした。

私は、陣痛が大好き。
最高の興奮とリラックスを繰り返す
あの痛気持ちよさは何にも代え難い。

二人目の出産のときは
陣痛がくるのが楽しみで仕方なくて

陣痛中も、痛くて叫びながらも
またとない陣痛時間を楽しんでいた。

また、子供をうみたい。
(育てるのは大変だけど・・・笑)

でもこんなふうに陣痛を楽しめるのが
女性の本質なのかなと思ったりする。

女性とか、子宮とか、って本来は、
「受け入れる」「受容」
のパワーそのもののはず。

だからこの世のどんな痛みより辛そうな
陣痛でさえ
受け入れ楽しんでしまうパワー
それが子宮、それが女なんじゃないかと。

最近私が学生時代からとても尊敬しているMさんと
久々にお話しながらランチしたのだが

Mさんに
「もう毎日子供達怒ってばかりなんです。どうしたらいいもんか・・・
本当は怒りたくなくて、怒ってる自分のことがすごく嫌で
子供達にも申し訳なくて・・・」
なんて話をしたら

「自分の中にため込んでいるよりいいんじゃない?
我慢してため込むより、発散してると考えれば」

と軽く言われて、

へ?そうか。とふっと肩の力が抜けた。

知識が増えるほど、
やっていいこと◎
やっちゃいけないこと×
が増えていって、
余計に窮屈な生き方になってしまいがち。

子供は怒っちゃいけない
母はいつもニコニコしてイライラしないほうがいい
母のイライラは子供の心理状況にとって最悪
子供の正しい叱り方は・・・・・

とか本を読んだり、えらい先生の話を聞いたり
知識が増えるほど、
自分のしていることが
やっちゃいけないこと×
に当てはまっているときも増えて
どんどん自分に×がついていく

そんな生き方は私の目指している生き方じゃなかったよね
って。

どんどん自分の中の
◎と×が消えていって
どんどん受け入れられることが増えて

全部が意味のあること
起きた出来事の深いメッセージを受け取れるようになる

もっと自由自在に自分の人生の意味を
自分でつくっていける生き方

そんな生き方がしたい

たぶんそれが女が得意とする
何もかも受け入れる生き方

なんじゃないかって気がする。

私はそんなふうに生きたい。

と思いました。
posted by Early bird at 19:23| Comment(0) | ママアカデメイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: