2015年01月31日

世の中をよくするには

怒れる女子会に参加して以来、私の興味は政治と法律に。
そこで続けていっきに読んだ2冊が

図書館でたまたま見つけた

政策工房 (著), 高橋 洋一 (監修)
ニッポンの変え方おしえます: はじめての立法レッスン


と、
生活クラブの情報誌
「生活と自治」にインタビューが掲載されていて
気になって調べた

竹信 三恵子 (著)
家事労働ハラスメント――生きづらさの根にあるもの


2冊とも、読みながら悔しさと怒りがこみ上げてきて、
「家事労働ハラスメント」は途中泣きました。

学んだことを本当に端的にまとめると

ニッポンの変え方おしえます: はじめての立法レッスン
では、書籍の説明文を引用してしまうと

日本の場合、法律の大半をつくるのが霞が関の官僚であり、
ここに、日本が変わらない原因がある、
政策を実行するためには、予算と法律が必須ですが、
その法律をつくるための知識・技術が霞が関の官僚に独占されているため、
政権が交代しても、なかなか変わらない。
この現状を変えるためには、本来法律をつくることが仕事の政治家の役割が重要になってきますが、
日本の政治家は長いこと官僚に法律づくりを任せてきたため
、法律をつくる知識や技術を持たない人も少なくない。
そのため官僚の既得権益にかかわるような政策を実行しようとしても、
法律という側面からも潰されてしまう。

ゆえに、日本を変えるためには、
まず法律をつくるための一般的なリテラシーがもっと開かれる必要がある。

ということ。

そして、
家事労働ハラスメントでは

自分が子供を出産してから、
働きたくても、働く決心ができない、
なんか理不尽な扱いを受けていると感じる、
生きづらく感じる
主婦同士ならわかりあえるのに働いている男性たちにはあまり理解してもらえない
なんか自分ではどうにも出来ない気がする大きな問題の原因は

家事労働という仕事を
労働時間でも、社会政策でも全く考慮せずに
家庭や女性が無償で労働することを前提としてきた
日本企業の労務管理や、政府の社会福祉政策の歪み
であったということ

でした。

こういうことに熱くなってしまう私は
たぶん、自分の生きる使命が
こういう社会の問題を解決していく
ってことだからなんだと思います。

漠然と、怒りや悔しさを抱えていても
なんにもかわらないけれど、

世の中の人たちがより
生きやすくなっていくために
どうしたらいいか、

自分にできることはなんなのか、
何を勉強したらいいのか、
どういう情報を集めたらいいのか、

前より明確になり
少しすっきりしました。
posted by Early bird at 12:24| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: