2015年09月19日

本当は怖い小学一年生

自主保育をしているお友達から
おすすめの本があると紹介されて読みました。

本当は怖い小学一年生 (ポプラ新書)
汐見 稔幸 (著)


一部抜粋
・幼い頃に自分の情動からの行動基準ですることが多ければ多いほど自主性や自尊感情、好奇心などが育ちやすくなる
・日本では自分が好きなものを見つけその道を深めていくことが大切だという教育をうけてこない
・学校は軍隊のように命令一下で指示通り動く事のできる人間、いわば「指示」に従って動く人間が必要とされ、学校はそうした訓練場
・勉強とは何か、学びの喜びとは何か、なぜ勉強をするのか、子どもたちはこのことを切実に分かりたがっている、それが分かる学習をしたいと願っている
・教育というのはもともと自分が何を勉強したいのか、何を一生やっていったら自分らしく生きられるのか、自分たちの幸せをどうやったら実現できるのかを探すためにするもののはずだ。経済競争を勝ち抜く国家の一員になるためではない

-----------

自分を振り返ると
実は

たくさん勉強して
いい大学に入って、いい会社に就職すれば
親や祖父母が喜ぶ
と思って勉強ばかりしていた

遊ぶのは時間がもったいない、無駄だと思ってたし
好きな事はいつも後回し

(だから今になってやりたいことがたくさん!!笑)

やりたくない勉強を無感情で必死にやってた毎日!
もったいなかったー!

自分の子どもたちには
好きな事をとことん好きなだけやってほしい!

人生存分に楽しんでほしい!

親や先生の指示命令なんか聞かないで
自分の思った通り行動してくれ!

と思います。

(日々の自分の言動・態度を思い起こすと
反省しかありません・・・汗)

そして小学校にいったらもう指示命令に従うしか
ないのかなー?

と思ってたのですが
サドベリースクール

っていうのがあることを知った。

森のようちえんに続く
森の小学校みたいなのが
日本にもできたらいいのに、と思っていたのですが
探せばなんかしら方法はあるのかもしれない
と希望がもてました。

4歳長女は再来年小学1年生。
小学校のことも考えて行かねばなりません。
posted by Early bird at 16:13| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: