2016年05月29日

喘息、アトピー性皮膚炎、めも

週末、喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎に関して勉強していました。
食物アレルギーの学校での事故事例聞きながら
恐ろしくて震え上がりました。

乳アレルギーと喘息をもつ長女は
小学校入学。
今から対策を考えねばなりません。

たくさんのことを学んだ中で
一部自分用めも

<喘息>
・発作時に起こっていること
→気管、気管支の平滑筋収縮&
喀痰、気道壁腫れる、粘液栓形成で
気道内腔が狭くなる

*喘息特有の慢性気道炎症
発作が起こっていないときも気道内腔が常に狭い状態
→気道過敏性亢進
→構造変化(リモデリング)

参考>>http://miyagawaiin.nzjp.net/04_03.html

<アトピー性皮膚炎>
*免疫機能の異常(アレルギー)
*皮膚バリア機能の異常(乾燥肌)
フィラグリン遺伝子変異による、皮膚バリア機能異常。
(皮膚の適度な水分保持に役だっているのがフィラグリン。
フィラグリンが表皮で生成されていれば
透明感・ハリのある肌)

参考>>http://www.med.nagoya-u.ac.jp/kawaraban/kawara/92/06.html


これでわかったことは、
長女は
常に気道内腔が狭いかも?
乾燥肌傾向なのかも?いつかまたアトピー発症するかも?
ということ。
posted by Early bird at 05:16| Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: