2017年04月13日

自信

産後助産院に入院後
実家に帰省、その後1週間母が逗子に来てくれて世話になり、
3週目は義母が来てくれています。

本当にありがたすぎる毎日。
ご飯の用意と
子どもを外で遊ばせてもらう
のをお願いしていますが
本当に助かっています。

ここまでしてくれる人というのは
親以外に誰もいやしません。

四人も産んでやっと、
涙が出るほど親に感謝の気持ちがわいています。

子どもたちのおかげで
心から親に感謝したいと思えた
本当に子どもたちありがとう。

それにしても
子ども四人の世話と家事、
すごい労働量なんだなー
と。

これを妊娠中一人でこなしてたわたしってかなりすごいんじゃない?!笑
と自分をほめたくなるほど。

だってわたしが一人でしてた仕事を
今は
母、または義母(家事、子どもの世話)
夫(風呂掃除、子どもの世話、ゴミ出し、子どもの朝の送り出し)
ファミリーサポートの方(2歳次女預かり)
家事援助の方(週1回お掃除お願いしてます)
幼稚園ママ友(送り迎えしてもらったり、放課後遊ばせてもらったり)
で分担してお願いしてますが

それでも子どもたちは
外で遊び足りてない感じ。

家事こなして
子どもたち外でいつも遊ばせてたわたし、
すごいことやれてたんだなって。
ご飯もおやつもしっかりつくってたし
オムツに頼らず2歳次女をトイレに行かせたり
毎晩子どもたちにマッサージや体操してから寝たり
まあ掃除はサボってたけど笑
洗濯もまあシーツとかそんなに頻繁に洗ってないけど笑

でも、わたし、
結構偉いかも^^

と思えてます。

というのは、
専業主婦の自分は
給料などわかりやすい評価の基準もないし
自分のやってることの価値がわからなくて

どこか無意識で
お金を稼げる人(夫)は
稼げない人(わたし)より
価値がある

と思っていたからなのかも。

そしてわたしは
短気でかんしゃくおこしやすく
怒り始めると狂って叫んだり
そうなると自分でもコントロールがきかなくて
思ってもないこと言ってしまったり
暴力的になったり
物を壊したり
乱暴に扱ったり

そこが自分の一番嫌いなところで
なおしたくてもなかなかなおせないところで
そんな自分は本当に家族にとって
うるさくて迷惑で邪魔でいない方がいいんじゃないか
くらい思ってた。

でもわたし一人動けなくなっただけで
かなりの人の手が必要な状況になるんだなー
ことを知って

自分がTODOをいかにはやく
滞りなく怒らずにできたかばかり考えて来たけど

もっと俯瞰してみてみたらどうだろう?

家族にとっての自分の役割ってなんなのか?

家族が仕事や学校で
最高のパフォーマンスを発揮できるようにするには?

疲れて帰って来た家族が
家でどんなふうに過ごしたいか?

当たり前のことなのに全然考えが及んでなかったなあ
と気付いたり。

いろんなことに気づかされる産後です。
posted by risayamashita at 22:02| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: