2017年04月18日

赤ちゃんの排泄の世話はものすごく楽しい

最後三週間の三女の世話
毎日楽しんでいます^^

何より楽しいのが

排泄の世話!

長男、次女に続き
オムツなし育児実験台(笑)になっている三女ですが

オマルのせておしっこうんちするのが、楽しくて
何度もオムツを剥がして乗せてたのだけど

まだ小さすぎてふにゃふにゃして乗せにくいし

嫌がってぐにゃぐにゃ身体をよじらせ泣くので

こりゃ申し訳ない?
と思い

ほぎゃー

と泣いたらすぐにオムツを開ける
だけにしてみることに。

これがまた楽しい。

ほぎゃーって泣いたときまだおしっこもうんちも出てないときは

赤ちゃん体操やら
マッサージやらしてしばらく
オムツをあけたままにしておくのだが

しばらくすると
ちゃーっとおしっこしたり

プープー言い出して
うんちしたりする。

する前は
ほぎゃーって教えて
おとなしくなったなあ
と思うと出る、

この時の表情とか
声の出し方とか
身体の動きとかをよーく観察。

すると

いつ排泄するか感覚がつかめてくる。

で、
あ、今だ!
と思ったときにオマルにポンと置く、

で、シャーとかいって
おしっこしたり
うんちしたり

すると
イェーイ成功!♪( ´θ`)ノ

みたいな。
ほんとにこれはゲーム感覚〜

楽しいです、排泄の世話は。
posted by risayamashita at 09:45| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: