2017年05月27日

小学校給食のアレルギー対応

重度の乳アレルギーの小1長女は
毎日お弁当を持参している。

入学説明会の時に
栄養士さんに
アレルギーのことを相談したところ

重度の場合は一度個人面談を。

ということで

校長先生、教頭先生、
養護教諭、栄養士さんの4人と
個人面談。

調理道具についた微量な乳製品や
調理中のコンタミネーションまでは
避けることが難しい。

ということで心配あるため
給食の除去食対応ではなく

給食を食べずに
お弁当を毎日持参することに。

(ということで毎朝5個弁当つくってます。
おかずをズラっと並べて
弁当を詰める様は
まさに弁当屋さん)

また、牛乳パックは
飲み終わったら各自開いて
水道で洗って回収しているそうなのだが

長女のクラスは
牛乳パックを開かずそのまま回収、

牛乳が溢れた場合は
即刻雑巾で拭くように、
と担任の先生から
指導があったそう。

遠足も
万が一お菓子交換で
間違って乳製品の混入した
お菓子を食べてしまってはいけない
ということで

学年全体で
お菓子交換なしに。

担任の先生が
学年懇談会で
保護者の方々にも
伝えてくださったとのこと。
(わたしは産褥期だったため欠席)

給食が
小学校生活での
一番の心配事項だったので

先生はじめみなみなさまのおかげで
安心して学校に通えることを
心から感謝。

でも給食献立を見ると
美味しそうなメニューが
たーくさん。

できるだけあわせてあげたいけど
毎日あわせるわけにもいかず。

コロッケとかトンカツとか
給食がいいなあと思う日もあるのではないかと思って心配していたが

先日わたしの母が
長女と一緒に出かけたときに

給食食べてみたい?
と聞いたらしい。

そうしたら
長女は

ううん、全然〜
(↑全然食べたいと思わない、という意味)
みゆうちゃんのお弁当いいなあ、お弁当食べたい、と
友達に言われたことはあるけどね。

と言ったそうだ。

そういえば
幼稚園の遠足も
みんなはソフトクリームを食べるけど
長女は食べられないから
特別なおやつ持参してよいことに。

わたしは長女が大好きな
苺のプリン、バナナマフィン、きな粉飴、クッキー
入れてあげたところ

みんながソフトクリームを食べているとき
苺のプリンを食べた、

そうしたら見ていたお友達が
帰宅してお母さんに
みゆうが美味しそうなピンクのデザートを持ってきていた!
と報告したとのこと。
(わたしはそのお母さんから聞いた)

長女は
弁当に自分の好きなおかずが入っているからか
今のところ特段給食を食べたがらないので
一安心。

まあ自分で言うのもなんだけども

わたしがつくったお弁当、
豪華だもん!美味しいもん!笑

長女が高校卒業するまであと・・・10年?!
まだまだ弁当屋さんは続く。笑

ある日のお弁当↓

味噌漬けの豚ロース
ゆで卵
ハートと花の人参
花豆の甘煮
ちりめんじゃこと大根の葉のふりかけ
雑穀と五分づき米
IMG_3667.JPG
posted by Early bird at 15:53| Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: