2017年12月04日

川崎市子ども夢パークにて。プレーパーク育ちの親子たち。

大田区の中央五丁目公園プレーパークでいつも一緒に遊んでいたどろんこの仲間と
川崎市子ども夢パークへ。

IMG_5223.JPG

どろんこの仲間と、プレーパークで、
泥遊び、木工、焚き火して育った長女は、
ものすごっくいきいきとした表情で遊んでいて、
帰ってきてからも余韻に浸っていた。

IMG_5240.JPG

IMG_5236.JPG

わたしも
普段は、子供四人の身の安全を守ることに
必死で気が気でないわけだが

その場にいる大人や年長者(中学生高校生)が
誰の子供であろうとも見守ってる
というプレーパークの暗黙のルール
のおかげで
飛び回る子供たちを
自由に遊ばせてあげられて
とても有り難かった。

IMG_5233.JPG

プレーパークのおかげで
子供同士、親同士、大人と子供、異年齢、など
学校や幼稚園と家の往復では出会わない
人と人との深い関係性ができていたんだなあと。

先日、次女が通っている
青空共同保育のグループの勉強会で
遊び研究家の篠先生の話を聞いたばかりだけど

一昔前と比べ
子供達の日常から
「遊び」が縮小されつつある昨今、

子供達の自由な遊びが保障され
上の世代から遊びの文化が伝承され続ける
プレーパークという場所が
生活圏にあることは
とてもありがたいことだと。

改めて
プレーパークの意味と価値を感じた。

乳幼児から中高生までの子供と
子供に関わる人たちが集まり
遊んで語ってつくって食べて・・・
ともに時間を共有することで
繋がれていく関係性

わたし自身そういうものに支えられて
生きてきたんだと気づいたのでした。

今はこれという一歩が踏み出せないけれど
いつの日にかたぶんわたしはまた
人の集まる場づくりをし始めるんだと思う。

ちなみに長男は夫と葉山で釣り。
夫が金曜にタコ、今日はホウボウを釣ってきて、さばいて、
カルパッチョ、刺身、ガーリック炒めなど調理もしてくれて、
とっても美味しかったです♡♡
posted by risayamashita at 05:41| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: