2017年12月19日

子供が教えてくれる夫婦の問題

先日近所を散歩していたら
ある子育て関連の講演会のチラシを配っていた女性に話しかけられた。

どんな講演会か詳細が書いてなかったので
どんな先生の講演会かと質問すると
その方は自分の夫婦関係、親子関係が
その先生のおかげでいかによくなったかを聞かせてくれた

わけだが。

その方は夫婦の
価値観の違いに気づかないまま
コミュニケーション不足により
互いに不満をためあっていた。

子供は友達と
全くコミュニケーションがとれないなど
色々な問題があったと、

しかし夫婦関係がよくなると
子供の問題も消えた

夫婦の問題を
子供が見せてくれていたんだ
と。

まさに、
子供は夫婦の問題を
浮き彫りにして教えてくれる、
まさにその通りですよね、
と心の中で相槌をうつわたし。

わたしが一番今悩んでいることは

2歳次女が
相手の状況を気にせず自分の言いたいことを言って
やりたいことをやって
人をなんとしても自分に協力させてしまう
ことなのですが、

ま、まさにそれはわたしができなくて
悩んでいることそのもの、なのですよ。。。

自分がそうできたら
次女のその行動に
イライラしてしまったり問題だと思ったら
しないのでしょう。

そんな子供っぽい自分は嫌だ
と思ってしまう自分がいるのですよね。

でもどう?
子供っぽい自分隠して
否定して生きていきたい?
答えはNO!

そんな自分も丸ごと愛したい!

でもね、
駄々をこねるほど
そんなにやりたいことがなかった
気がするけど?

我慢や諦めが当たり前になりすぎて
麻痺してるだけ?

我慢したり諦めたりするのはとても簡単だけど
本音を言ってみる
ってわたしにとってはとってもこわい。
相手を不快にさせるんじゃないか?
自分にとっても不利益なことなんじゃないか?
って。結局自分に自信がないんだな。

近々チャンスがあったら
夫に駄々をこねてみよう笑

そんな自分を開拓してみたい。

そしたら次女にどんな想いが湧くだろう。

なんか楽しみですね。笑
【関連する記事】
posted by risayamashita at 18:50| Comment(0) | パートナーシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: