2018年09月20日

打ち身


長女が三女を抱っこしていたところ
誤って廊下の手すりに
三女の頭をぶつけてしまい

三女の頭に
とがったたんこぶができて
ひどく泣いた。

見ていたので
すぐにその場で
三女の頭のとがったたんこぶ
とその反対側を
挟んで愉氣。

しばらく愉氣していると
とがっていたところが
若干ふわっとした感覚があったので

すぐに布団に移動させて
寝かし
アーニカ
を飲ませて
再び
同じところを愉氣。

しばらくすると
眠り始めたので
一旦愉氣をやめた。

3時間半ほど寝て
起きた時には
だいぶたんこぶは
小さくなっていて

熱も持っていなかった。

けれどもう一度
アーニカを飲ませておいた。

次の次の日には
もうほとんどたんこぶは
残っていなかった。

愉氣とアーニカは
効果があったみたい。

日々のTODOに追われて
子供一人一人の話をゆっくり聞いたり
マッサージきてあげたり
抱っこしてあげたり
できない時がある。

そうすると
不満がたまった子は

泣いてもお母さんは来てくれない
ということで

体調を崩すか、怪我をするか。

わたしは薬を使わないし
病院にもよっぽどのことがない限り
行かず

体調を崩したり
怪我をしたりしたら
かなりの時間をその子に費やして
手当てをすることになる。

それが子供たちにはいいんだろうと思う。

わたしが一生懸命
子供たちの身体を観察したり
お手当てしていると
許してくれるというか、
満足?するのか
よくなってまた元気に。

一人一人に毎日
本を読んであげたり
マッサージしてあげたり
ゆっくり話を聞いてあげたり
一緒に勉強したり
できたらいいなあと
毎日布団に入ってから
反省するのだけど

なかなかできない。。。

三女がご飯を食べて
食べ物の破片が
テーブルの上にも下にも椅子にも散らかったまま
子供たちと遊ぶことはできないし

部屋に紙くずや人形が散らかったまま
何日も放置することもできないし

毎日お弁当を最低でも5つは作らなければならないし。

一歩歩くごとに
ゴミや遊んでいる道具を拾って
片付けなければならない。。

子供が一人か二人だったら
もっと一人一人に
時間をかけられるだろうけど・・・

四人だからこそ楽しい
こともありながら

四人だからこそ
できないことも多々あって。
(一人一人やりたいこと、やりたいタイミングが違う

掃除してくれるロボットと
洗濯してくれるロボットと
食器を洗って片付けてくれるロボットがいたら
本当にほしい。

生理前だからかなんかブルーだなー
posted by Early bird at 05:33| Comment(1) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長女さんを出産された後あたりから、ブログ拝読しています。
私は40歳でがんを専門とした看護師をしていて1歳と4歳になる娘がいます。
りささんのナチュラルな暮らし方に憧れながら、毎日イライラしながら子供をしかり、仕事や家事や育児に振り回されています。
色々なことの力を抜けば良いのですが、なかなかそうはいきませんね。私も子供が一人ならもっと構ってあげられるのに、と思いながらそれはいいわけなんだろうとも思っています。りささんはよくやっていますよー。尊敬!私もあと1人子供が欲しいので、今体質改善中です。これからもブログでお勉強させていただきます!
Posted by はじめまして。 at 2018年09月26日 13:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: