2018年05月12日

母の日

明日は母の日。

子供たちに
大事な話があります、
と切り出すと、
上3人が正座でわたしの前に並ぶ。

明日はなんの日ですか?
と聞くと

うーん、プレーパークに行く!
と一人が言う。

えーとちがう、おかあさんの日!
ともう一人。

そう、おかあさんの日っていうのは、
何をする日?
と聞くと

おかあさんが嬉しいことをやる日!
と一人。

お母さんが嬉しいこと、喜ぶことって何かなー?と問うと、

えーっと、
片付けする!

そうじ!

ご飯つくってあげる!

などと言う。

それをさらに、掘り下げる。

片付けと言っても、
では、どこをどのような状態にするのが、片付ける、ということなのか?

掃除と言っても、
どこをどんな道具できれいにするとお母さんは喜びそう?

飾りつけは何もなくていい?
お花は?

子供たちが作れる料理って?

など、どんどん聞いていって、

子供たちは

おかあさんありがとう
という飾りを作る、

自分たちが使った道具を元の場所に戻す、

お花とお夕飯の材料をお母さんと一緒に買いに行く、

ということを、決めた。

そして、
わたしが家中を見ていたら
いつの間にか、リビングの壁に
素敵なガーランドがかけられていた。

983F65C4-BFB1-4366-8F81-97E2EC79AA3E.jpeg
夕方、用事を済ませたあと
近くの八百屋と花屋に寄る。

長女がわたしに似合う花を選ぶといって、この花をえらんでくれた。 

8C5729C3-858B-43D9-9BF1-9DD597ADF756.jpeg

そして夕飯は子供たちのリクエストでピザ。

帰宅時間が遅かったので
生地の材料をボウルに計って
長女に、パス。

わたしが洗濯物を部屋に取り込んでいる間に、

長女は丁寧にピザ生地をこねて
まとめてくれていた。
 
それを薄く伸ばし
昨日作った自家製ケチャップを塗る。
塗るのは長男の役目。
91DD9505-8AEC-40CD-98C9-E0491325B415.jpeg

グリルで焼いた鮭、
蒸した新じゃが、
小松菜、

豆乳ヨーグルトでつくった
乳フリーチーズをのせて

250度のオーブンで15分。

焼いている間にサラダ作り。
次女がレタスをちぎって
刻んだキュウリを塩もみ。
長女が蒸した新じゃがを潰して
ポテトサラダ完成。

ピザが焼けると同時にみんなでいただきます。

粉は350gも使ったのに
子供4人大人1人で
あっという間になくなってしまった。

みんなで
おかあさんいつもありがとうー!
と言いながら
みんなで一緒に用意した食卓を囲む。

幸せな母の日。

わたしをお母さんにしてくれてありがとう。
posted by risayamashita at 21:15| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

能動的に、生きる

備忘録。

わたしに必要なメッセージ
ありがとうございます。

妥協をなくして
自主的に、能動的に生きる人になろう。と思った。
すでにそういう人間だと思うんだけど、さらに、さらに。



と、ここまで書いてみて

自主的に、能動的に、創造力をはたらかせて

とにかくなんとか頭を使って工夫して
やりたいことを妥協することなく

やる!

それって、この5年間、
自分が、
子供たちになってほしいと願ってきた
姿そのものだった、

ということに気づく。

(↑自己肯定感と身体の十分な発達が土台にあった上で、の話だけどね。)

学校のルールを守って、
先生や親の言う通りにするんじゃなくて

自分はどうしたいのか?
どうやったらそれが実現できるのか?
常に、考え、行動できる人であってほしい。

と思うから
すぐに答えを教えずに、

自分で考えて、行動するような
声がけをするように気をつけてる。

大人になってから自分の無意識の行動や思考を変えるのって
かなり労力いるけど

子供のときからそれが当たり前なら
大人になってから楽よね。

子供と向き合うのって本当に頭使う。
posted by risayamashita at 21:09| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

考える力をつける

先日
長男が通っている幼稚園の懇談会に出席した際に
園長先生がおっしゃっていたこと、めも。

今の時代を生きていくにあたり

答えのない問題に
自分なりに解決策を見出す
考える力

が必要だと。

それを育てるために周りの大人ができることは

子供の力を信頼し
子供に考えさせ
自信をつけさせる

ということだと。

大人たちは
答えを教えてあげるのではなく
見本を見せてあげる。

そして
主体的、対話的、協同的な学びが必要だと。

過保護、過干渉は子供の成長の目を摘む。
とも。

そして幼稚園でそのためにどんな取り組みがなされてるか聞きました。

家庭でも
このような関わり方を重要視しているので
素晴らしい園に出会えて
よかったと思いました。
posted by risayamashita at 14:33| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする