2017年12月27日

赤ん坊と二人

妹が上三人を実家に連れて行ってくれたので
9ヶ月の三女と二人きり。
9ヶ月の赤ん坊と遊ぶのが楽しすぎて
一日中ほとんど遊んでいた笑

とにかく赤ん坊って何をするのも可愛くて面白い!

9ヶ月ともなると
なんでもわかってて

トイレに触らせれば排泄するし
食卓に座らせたら食べるってわかるし
車のドア開ければ抱っこしてももらえると思ってニコニコするし
歌を歌えば身体を揺らすし

ほんとに楽しすぎ!

今は何を発達させる時期かなあなんて
本を見て確認しながら実験してみたり

願わくば他のことは何もしないで
赤ん坊と遊んで、赤ん坊を研究していたい!
E0F0B10D-B0CA-4C4D-8BF6-71E71C05FEEB.jpeg
posted by risayamashita at 18:58| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

アレルギーっ子の夢を叶えるレシピ本

インスタ映えしない
素朴で地味ーなおやつをつくるのが
大好きなわたし。

自分へのクリスマスプレゼントは白崎裕子さん最新刊レシピ本♡
(クリスマス待てずに予約購入w)
A55DB2EB-7562-4DCE-A460-B5BDFB039403.jpeg

白崎裕子著
へたおやつ


乳アレルギーの長女にとって
チョコレートがけのケーキや
チョコレートのタルトは
夢のおやつ。

52024224-43CD-4E25-AEAB-DB9758B125CF.jpeg3449410D-2F5F-4C16-BE8A-E617FDD6FADB.jpeg

この本のレシピで
チョコがけしたケーキを
嬉しそうに食べる長女を見て
泣きそうになった(/ _ ; )

アレルギー持ちの子供たちの
夢を叶えてくれる本です。
posted by risayamashita at 16:54| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

離乳食に陶器のお皿を

離乳食のときに重宝するのが
長女が卒園記念につくってくれた陶器のお皿。

ED73D363-115A-4835-AA3F-3E32C6BD6A0E.jpeg

重たくて動きにくいし
浅いから食べ物をつかみやすい。

プラスチックのお皿は割れないけれど
使いません。
木のお皿を使っていたこともあるけど
軽いのですぐにひっくり返ってしまいます。

ひとたび落とせば割れてしまう
陶器のお皿をなぜ使うか。

それはお皿が割れるということを
経験するため。

割れないお皿を使っていれば
扱いが雑でも割れる事はないけれど

お皿は割れると体験していれば
お皿を丁寧に大事に扱う習慣がつくのではないかと思うのです。

おかげで子供たちが
何枚のコップとお茶碗を割って
何本のお箸を噛んで折ったかわからないけれど


それは無駄とは思いません。

五感で本物に触れる経験が
子供たちの感性を育ててくれるはず。

食に限らず、

触れるもの、聴くもの、見るもの、
食べるもの、嗅ぐもの・・・

子供たちの方が、感覚が繊細だからこそ
できるだけ人工的に作られたものではなくて
本物を体験経験する機会を
たくさんつくりたいと思います。
posted by risayamashita at 17:41| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする