2017年11月12日

女として幸せに生きる方法

神奈川県逗子市に引っ越して1年。

逗子に引っ越してからというもの
明らかに、人生の充足感、幸せ感が
倍増しています。

それは確かに
自然環境が豊かで、
周りの人たちが温和だから
というのも大きいのですが。

自分自身の心が
注力するものが
変わったから
というのが最大の要因です。

最近、ある機会に
自分自身が
母として、
妻として(一家を支える、夫を支える)、
女として、

はそれぞれどれぐらいの割合か?

と聞かれたのだけど

わたしがとっさに答えたことは

母15%
妻10%
女65%

でした。


後から冷静に考えて
子供4人でしかもみんな小さいし
おやつもご飯もこだわった食材で手作り
保存食やら手作り調味料もつくって
電子レンジだって冷凍食品だって惣菜だって一切使わないし
アレルギーで小学校給食食べられないために5人弁当だし
洗濯だって布おむつだから相当いっぱいあるし
すごく手間かかることわざわざたくさんやっているのに

それでも母割合がこんなに低いわたしって

どういうこと?!
って自分でも大笑い!

家事ってやってると慣れるんですよね。
だから大量の洗濯も大量の食器洗いも
見ても驚きもしない、
これくらいささーっと終わるわ
って感じで淡々とやってるとすぐ片付く😃

で、小さい子供達の世話、
わたしにとっては
趣味みたいなもん。

子供達を観察して
何を求めているのかなー
何を学んでいるのかなー
自分自身がいかに子供達の邪魔にならないように
サポートするにはどうしたらいいかなー
こういうサポートをしたら
どんな子供に育つのかな〜

という立場で研究するのは
もう、自分自身の趣味の部類。

だから
子供達の危機管理は必要だし、
家事に時間も使ってるしやることはいっぱいあるけど
母であるってことに
あまりエネルギーを使ってないんだなって。

でもね、この一年自分自身のテーマが
「自愛」
だったのですよ。
ひたすら
自分自身の「快」を感じることに
集中し続けてきたのです。

だから
自分自身が今どうしたいか?
もっと気持ちよく楽しく幸せ感に満たされているには
自分はどうしたいのか?
夫や子供達にはどうしてほしいのか?

そういうことにひたすらエネルギーを注いできたのです。

その結果が
女65% 笑

で、
逗子に引っ越す前はどうかというと

自分自身を犠牲にして
子供達と夫のために
尽くし
自分自身も疲れ果てて

頑張りすぎだよ
って言われても
今わたしが頑張らなきゃ
明日もっともっと余計大変になるし!
誰か他にやってくれる人でもいるの?!

と、いつもイライラを募らせて
イライラしてはいけない!
こんなにイライラする自分は最悪な母だ!
って自分を責めまくっていました😭

そのときの自分は
母90%
妻5%
女5%

くらいかな


最初は
今まで尽くし尽くして尽くしまくっていた挙げ句の果てに

自分自身をどうやって好きになったらいいかわからず
わたしがわたしを「快」にするために何にをしたらいいかもわからず

そうすることへの罪悪感さえ感じていました。

でも、
ピース小堀さんの可能性無限大ライブに参加したり、

金城幸政先生の講演会に参加して
やんちゃな神様とつきあう方法



劍持奈央さんの著書


など読んだり

瞑想して自分自身とアポをとる
自分自身の身体のケアをする

うちに
どんどん自分自身と向き合うのが楽しくなって来ました。

なぜなら
自分自身と向き合う時間をとればとるほど
自分自身の直観力が冴え渡っていくことや
自分自身の幸せ感が増していくことを知ったから。

母として献身的に尽くしまくっていたときより
自分自身も
家族も雰囲気がよくなっていると思います😊

頑張りすぎて
尽くしすぎて
疲れ果ててた自分自身に

本当にありがとう💓

究極に頑張って
辛すぎたからこそ気づけたのです。

素晴らしい夫と子供達のおかげで
毎日、最高の幸せ感じながら
生きられることに感謝します。

自分を愛そう!
posted by risayamashita at 05:43| Comment(0) | 女性性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっともっと幸せな夫婦関係へ

今日も読んでいただきありがとうございます❤

昨日は

ジョン・グレイン著
ベストパートナーに
なるために



を夢中で読みました。

ゲラゲラ笑いながら

男と女の価値観が
こんなにも違う!
ってことを
誰もが学んでいたら

夫婦、恋人、親子、上司部下、同僚
などなど
異性同士の人間関係が
かなり良好になれるんじゃないだろうか?!

わたしが改めて衝撃を受けた2点。
著書から引用


1、成長過程

女性
自分を犠牲にして相手を満足させてあげようとする

他人を満足させるために
いかに自分をないがしろにしてきたかに気づくようになる


男性
自分本位の発想と行動をとり
他人の要求などにはまったく気を回さない

他人を尊重し尽くしてあげることが
いかに自分を高め、満足感を与えてくれるかを
認識できるようになる


2、価値観

女性
愛、コミュニケーション、美しさ、人間関係をことのほか大切にする
お互いに支え合い、助け合い、はぐくみ合うことに多く
の時間をかける。
中略
相手との深い心の交流と親密な関係に生きがいを見出すのである。


男性
男というものは、
体力や知力、仕事の効率や物事の達成に
価値を置く種族なのである。
彼らにとっては、絶えずこれらの点における
自分本位の能力を実証しようと生活し、
能力の技術研磨に明け暮れることが
すなわち生きることなのである。

男性は、自らの能力によって
達成された結果によって
”自己証明”するのである。
目的の達成と成功によってはじめて、
男性は基本的な人生の充実感を味わうことができるのだ。



こんなに違うんですよ、
もう目指しているものも、
感じていることも、
全然違うわけですよ。

発した言葉の訳し方が
ぜんっぜん違う人と
コミュニケーションしているんだ
っていう前提にたって話さないといけなかったのですよ。

でも、感動的なのは

互いに違うからこそ
パートナーシップを結ぶことで
互いに1人でいるときよりも
より人生の充足感を味わえるという。

なんとも素晴らしいことではありませんか!

自分が変化成長していけるのも
どんどん幸せにになっていけるのも
全部夫のおかげなんだと改めて感じました。

そして、
今まで

わたしたちほんとにラブラブな夫婦💕

と思っていたけど、実は
互いに我慢や諦めや妥協をしながら
うまくいっていたんだろうな
ということもわかりました。

そしてさらにもっと
我慢なく気持ちよく幸せに生きられる
ヒントをたくさん得られました。

わたしの本棚にまた本が増えた😃
(くりかえし読まない本はすぐ売る)
おすすめの一冊です!
posted by risayamashita at 04:48| Comment(0) | 女性性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

毎月の生理は子宮のメッセージを受け取るチャンス

はいまた今月も順調に生理がやってきました^^

今回は3日前から
頭ががんがんして
疲れて
めまいがして
眠くて眠くて

満月も重なったせいか
食欲がすごい勢いでした。

生理が来たら
だるすぎて
立ってられず
すべてを夫に任せて
8時就寝〜

とにかく

休めーー!

というメッセージを送ってきてたので

夫に色々なことを任せて
休みまくりました。

そして自然の中を散歩して

月経血がたまるごとに
トイレへ〜!

骨盤底筋を鍛え始めたことと
ちつのケアをしていることとが
効果を発揮しているのか

経血がたまる感覚がしたら
トイレに行く
とすると
以前より布ナプキンが
汚れなくなってがした。

やっぱりセルフケアって大事。

とにかく子宮のメッセージに
敏感に反応して
足湯したいとなったらして
トイレに行きたいとなったら行って
散歩したいとなったら行って
食べたいものを食べたいだけ食べて

子供たちにも夫にもたーくさん
協力してもらって

ありのままのじぶんを
受け入れて受け入れて

ご機嫌に過ごしてたら

生理のおかげで
とっても満足な休日となりました。

身体もお掃除してくれるし
身体が求めてることを教えてくれるし

本当に子宮ってありがたいです。

子宮さんのメッセージを無視すると
子宮さんが泣くのね。

でごめんごめん、もうちょっと待って、
とかしてると
どんどん体調わるくなって
わたしに一生懸命メッセージを送ってくれます。

子供たちと同じね。。

本当にありがたいです。
心から子宮さんにありがとう。
posted by risayamashita at 06:21| Comment(0) | 女性性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする