2017年09月30日

祝☆生理再開

あっという間に産後6ヶ月が経過。

身体がやっと戻ってきたなあ
という感じがしていたところ

はい!きましたー!待ってましたー!
とうとう、生理再開です〜!
わーい\(^o^)/おめでとう!祝!

嬉しいですね〜
生理くるって。

だってまた新しい生命を
育むことができる身体に
なれたってことだから^^

わたしは生理がきたら
必ず子供達に伝えます。

お母さん、今日は
赤ちゃんのベッドが
古くなって流れてきてる日だからね
とても身体がだるくて眠たくてつらいの。

だからいっぱいお手伝いしてね。

そうすると、
みんな
わかった!
といって
ご飯の支度や片付けや
赤ちゃんの世話をすすんでやってくれます。

長男には、

女の子はね、
赤ちゃんを産むために毎月
準備があるんだよ。

だからね、
女の子には優しくしなければいけないよ。

と伝えて

長女には

小学校六年生くらいになったら
みゆうもお母さんと同じように
赤ちゃんのベッドが古くなって
流れてくる日がくるからね。

そんなときは絶対無理しちゃいけない。
あたたかくして、ゆっくり過ごせばいいの。
体育なんかつらかったら
無理してやらなくていいんだよ。

と伝えてる。

長女は
え?ほんと?!六年生になったら?!
やったあ!!
と本当に嬉しそうな顔。

女に生まれた喜び、
新しい生命を育むことができることができる
自分の身体の素晴らしさ、
自分の身体を愛しみ、大事にすること、

そういうことは
小さいうちから伝えてる。

毎月生理の度に
「生」「性」教育する。

男女平等の社会に生きているからか

時に
生理なんか面倒!鬱陶しい!
つらいしなければいいのに!
男に生まれたらどれだけ楽だっただろう!
なんて考えになりかねない。

でもね、
わたしが

赤ちゃんを産むのって最高に気持ちがいい!
赤ちゃんのお世話楽しい!可愛い!
生理の度に自分の身体を労わり、感謝する、

ってしてるから
子供たちも今の所は
女で生まれてきてよかった
楽しみだなあ
って思ってるんじゃないかなと思う。

それはさておき

今回の産後は
生理再開がはやい!

これはやはり
股まわりをケアしてるからではないだろうか?!

でね、不思議なことに
今回の生理は
ものすごーっく
つらいのです。

股まわりをケアしたことで
たまってた老廃物一気に出してる?!
って感じがするし。

あと心当たりとしては、
普段全く薬を使わない主義ですが
この度理由あって、
どうしてもどうしても止むを得ず
使用しなければならない薬品がありまして、
使用いたしました。

その薬のおかげで
頭ガンガン、目の前クラクラ、眠くて、ダルくて
相当辛い2週間を乗り越えたわけですが

ドバーッと生理でデトックスしてる
かんじなんじゃないかと。

自分の身体が本当に完璧にできていて素晴らしい!
と改めて感じています。

とにかく生理再開して嬉しい!
これからまた毎月の体の変化を
楽しんでいこうと思います。
posted by Early bird at 08:49| Comment(0) | 女性性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

骨盤周りのケア

いつも通り

ちつのトリセツ


にならって
ケアをしていて気づいたこと。

自分が気持ちがいい、幸せ、楽しい
と感じることを

我慢して、

やらなきゃいけない
TODOをはやく片付けてしまう

癖がついていたなと。

結果的に
TODOをこなすために毎日があって

自分が気持ちがいい、幸せ、楽しい、
と思うことは
我慢してやらない

時間が長くなって

いつの間にか
自分は
何が楽しくて、何が気持ちがよくて、
何が幸せなのか
感じる感覚が
鈍くなってる!

と。

そして
楽しい!最高!

ってところに踏み込むのを
遠慮したり
楽しすぎることが
こわかったり
して

楽しさ最高潮に達する前に
一歩引いてしまう

そんな癖を発見。

骨盤周りをほぐし始めてから
気づきと変化の連続で
他の学びとも繋がって

面白くてやめられません。笑
posted by Early bird at 06:21| Comment(0) | 女性性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

女性性が高まりそうな本

これはこれは
すべての女性が読んだ方がよいのでは
という本

ちつのトリセツ
劣化はとまる


Be born助産院のたつのゆりこさん監修
まさに本のタイトルどおり
ちつのケア方法、ケアすべき理由、ケアしないと起こりうるトラブル
など書かれた本。

実は私、
中学生のときから
骨盤底筋弱っていたらしく
マラソンとか、なわとびとかすると、
ええ、そうです、ちびってしまうわけです。

しかも、それは出産するごとにひどくなり
くしゃみしたくらいでもれる
くらいになってしまったわけで

それがひどくなると
子宮脱とかいう
恐ろしいことになるということも
知っていたわけで

どうにか、そんな恐ろしいことになる前に
4回目のお産を機に、
なんとかしたい、
と思っておったわけです。

そんなときに出会ったこちらの本。

まず筆者とたつのさんのやりとりが面白くて
一気に読んでしまう。

そして内容に共感しまくり。
特に
”がんばりすぎる女性たち”
の項。

ところどころ引用すると


じっとしてるのが苦手
仕事場では手際がいいとか
反応が早いとか
機敏に動くとか
そういうことが
仕事場では重要視される



女性はほんとうは
肩の力を抜いて
身体の声に耳を傾け
のんびりゆったりしてるほうが
膣の状態もいいし、安産だし、夫婦仲もいい


このことが今の私には痛い程よくわかるけど
8年前の私には全く理解できませんでした。

8年くらい前のかつての私は
頑張ってるという自覚も
疲れているという自覚もないまま
理想の自分を追い求め
頭も身体もガチガチ
呼吸は浅く
身体は冷え冷え
自分のからだと向き合う
なんて全く興味なし

まさに
三砂ちづる著
オニババ化する女たち


オニババと化していました・・・。

この本に今のうちに出会えてよかった・・・

女性として、
子供を産む性として
本来、備わっている女性性のパワーを
引き出す生き方をしていきたい

自分の身体を知り
身体が喜ぶ生活をし
身体を温める暮らし方
骨盤底筋を引き締め

そして
いつか
まわりを包み込むような優しい女性に
なれたらいいなあ・・・。(遠い目)

そんな女性になれるのは
少し先になるとしても、笑

わたしはもっともっと
女性であることを楽しめるという気がして
ワクワクしました。

只今毎日この本の内容を
実践中。

オイルマッサージ、
オイルケア入浴、
気持ちよくて、あたたまって一度やったらハマる!

週末、夫にもすすめて半ば無理矢理やらせてみた笑
(すると子供達も真似してやりたがったので
家族全員オイルケア入浴〜、
時間かかった〜オイル消費しまくり笑)

会陰マッサージ、
やってみて

正直がっくし、
自分てこんなに冷え&乾燥
してたのーーー!?!?
っていう

まさに自分を知るってこういうことなのね・・・。

そして骨盤底筋体操
はい、最初
ぜんっぜん
力が入んない!!
ってかどこに力入れるの?!だし笑

何日かしてやっとコツがつかめてきました・・
やり始めてから一日中
”おそそをあげて”ですよ。

伸びしろがある、笑
ということで
ありのままの自分を受入れ
身体の変化を楽しんでいこうと思います。
posted by Early bird at 10:18| Comment(0) | 女性性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする