2015年06月23日

アウトドア育

主人が4歳、2歳の子ども二人連れて3週間連続キャンプ。
本気で遊んだ記録がこちら。
(特に後半の夜景、焚き火、星空、朝露に濡れた植物・・・
美しすぎ!)

DAYS JUNE, 2015 from 隈部 周作 on Vimeo.



アウトドア育の何がいいのか?!
わかりやすかったので
主人のFacebook投稿を引用
↓↓

【野遊びと育児】
6月の週末は3週連続で子供たちとキャンプした。
そのうち2回は、大人は僕1人に、4歳長女、2歳長男の3人だけでのキャンプだった。
僕がここまで野遊びにこだわる理由は何か。
人間の脳にはいろいろな部分があるが、中でも動物脳と言われる大脳辺縁系は幼児期に発達し、5歳までに80%、9歳までに100%が出来上がる。
この大脳辺縁系が司っているのが、動物の生命維持に欠かせない、自律神経系(司令塔)、免疫系(自己防衛能力)、内分泌系(ホルモン、神経伝達物質)。
幼児期に思いっきり体をつかって遊ぶことで、この動物脳が発達していく。
もし、この時期に体をつかって遊ばないと、動物脳が抑えられるため、結果的に好奇心がない、無感動、無関心、情緒不安定になりやすいそう。
さらに、幼少期の記憶もほとんどないそうだ。
今の都市では、子供を管理しやすくするため、子供が自由に遊べる場所をどんどん奪っているし、子育ても孤立している。
国をあげて、この動物脳を否定するような動きが行き渡っている。
これを書くと、戦後GHQが入ってきたところまで遡る必要があるため、今回は割愛するが…。
大人が口で「あれはダメ、これはダメ」と口やかましく言って、子供の可能性を簡単につぶしたくない。
太平洋戦争時の連合艦隊司令長官、山本五十六が「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、 ほめてやらねば、人は動かじ」と言ったが、大人が野外でも本気で遊んでいるところを背中で見せていきたいと思う。
それも可能な限り、大人が作った遊具、ルールの中で遊ばせるのではなく、より自然に近い環境で。
子供が創造力を育む環境を可能な限り提供してあげたい。
3人だけのキャンプは一見大変そうに思えたが、思っていたより全然楽だった。
むしろ自分が思っている以上に協力的で、感動を覚えたくらいだ。
森や海岸で動植物の観察しながら、焚き火用の木を集めたり、
かんたんな料理(たたきキュウリ等)や後片付けも自主的に手伝ってくれる。
3人だけのキャンプといいつつも、隣のテントサイトの子たちと友達になったり、地元の人に遊んでもらったりと、普段とは違う人間関係の中で学ぶものも多いのだろう。
キャンプへ行く度に、子供たちなりに五感をフルに使って、体で感じ、学び、成長している。
この国の子供たちと大人たちが思いっきり遊び、笑って、助け合い、共にやり遂げる場所、時間をつくっていきたいと切に思う。

------------

週末は主人にキャンプに連れて行ってもらうとして、
平日も暑さに負けず、
プレーパーク、テットー広場、中央五丁目公園、林試の森・・・
子ども3人引き連れて、たくさん外で遊びます!
posted by Early bird at 15:35| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

はっか油スプレー、はっか油バーム、ヨモギチンキで蚊対策

今年も蚊の季節がやってきました。

我が家では、
毎年、虫除けは手作り。

主人が先日夜中に蚊にさされて
「虫さされにきく
ミントのスプレーつくって」
と言い始めたので

作り方を調べるために
図書館でこちらの本借りてきました。
はっか油の愉しみ


あーら、はっか油って
用途が多くて便利でないの〜!
ってことがわかり

早速
はっか油+無水エタノール(焼酎)+水

はっかスプレー、
を、
はっか油+ワセリン

はっかバーム
を、
つくってみました。

虫除け、虫刺されの他
眠気ざまし、消臭、などなど
いろんな効果があるそうで、

万能!!!

早速主人は毎週末のキャンプに持参して
効果を検証中です。

うちの子どもたちは
蚊がいようがいまいが、
今年もたくさん外で遊ぶと思われるので
蚊対策は必須。(←わたしが)

ヨモギチンキ
もつくってあるので
はっか油スプレーと併用で
どっちが効くかわかりませんが
使用してみようと思います。
posted by Early bird at 14:44| Comment(4) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

アウトドア料理仕込みとレシピ、秋編

三連休、自主保育を一緒にしている2家族と、
2泊3日でキャンプする予定でしたが、
台風がくるということで、1泊2日のキャンプになりました。

場所は千葉県袖ケ浦市にある
森のまきばオートキャンプ場

朝6時過ぎに自宅を出発。
アクアラインが少し渋滞していましたが
7時半にはキャンプ場到着。
自宅からたった1時間か1時間半で行ける
キャンプ場っていいですよね。

フリーサイトで
だだっ広い芝生と青空がだーっと続いていて
気持ちがいいキャンプ場でした。

今回昼ご飯はそれぞれ持参したものをいただきました。
うちは朝4時に炊いたおかかのおにぎり。

周辺で子供達と一緒に薪になる枝を集めて
14時半くらいには火をおこして
安納芋の焼き芋と焼き林檎をしました。

(焼き芋と焼き林檎を2段重ねでつくっています)
1796452_10204757977210826_8082595759691039926_n.jpg

10685596_10204757977250827_3795673908257687149_n.jpg

出来上がると同時に子供達が一斉に群がって
即終了。

私の誕生日が近いのでお友達が
2種類ものタルトをつくって持ってきてくださって
ロウソクたててお祝い。

イチジクのタルト(アーモンドクリーム)と、
1782122_10204757977810841_2969098174998965091_n.jpg

秋果物のタルト(黄桃カスタードクリーム)、
10730965_10204757977610836_1192112967294384066_n.jpg

私のために手作りしてくださったなんて!
感動!
手作りってなんて美味しいんだろう!!!!!!

両方本当に美味しくて、
大好きな人たちに祝ってもらえて幸せでした!

おやつをいただいたら夕飯の支度に突入。

10639691_10204757980050897_9016665482215098136_n.jpg

キャンプのときって一日中食べてばかり。

夕飯につくったメニューは

・塩麹漬けの塩豚ポトフ
4日間塩麹とハーブとブラックペッパーとニンニクに
漬け込んだ豚肩ロースのかたまり肉を
ダッチオーブンに入れ弱火でコトコト1時間以上煮込みました。

煮込んだ塩豚はホロホロになりました!

他はキノコ4種類、玉葱、馬鈴薯、キャベツ、人参
とシンプルな材料で
味付けは塩豚の塩麹と、海塩だけでしたが、
超美味でした。

1926839_10204757978250852_8115175093916667207_n.jpg

・ミートローフ
豚ひき肉、玉葱みじん切り、卵、ナツメグ、塩を混ぜて
パウンド型に入れ、ダッチオーブンへ。

火は下火も上火も中火で、40分くらい。
10614200_10204757978770865_8455635141799496440_n.jpg

ダッチオーブンで火を通したら
余分な脂は流れ出て、お肉はふっくらで
子供達に人気でした。

10734096_10204757980650912_5903914159801315372_n.jpg


・カボチャサラダ
カボチャは半分に切って種ととって
アルミホイルで包んでダッチオーブンへ。
無水で蒸します。焦げないように注意。
焦げたときのために、皮を下に入れる。
弱火で40分くらい。

熱いうちにつぶし、
冷めたらマヨネーズ、塩、ブラックペッパー、
素焼きしたミックスナッツ、レーズンを混ぜる。
ダッチオーブンで蒸したカボチャは
ホクホクであま〜くて最高でした!

10734117_10204757979730889_2768594024337166972_n.jpg


・キノコのキッシュ
キッシュのタルト台は自宅で焼いて持って行きました。
キノコ4種類、玉葱をフライパンで炒めて塩とブラックペッパーで味付け。
タルト台に並べます。

卵と豆乳と塩とナツメグを混ぜて流し入れダッチオーブンへ。

ダッチオーブンの火は下火が弱火、上火が中火。
火が強いと完全に中に火が通る前に焦げるので注意。

10171091_10204757978210851_4998186505071859556_n.jpg

・くるみパン
パン生地は全粒粉が多めに。
くるみは素焼きしておく。

パン生地をこねて発酵させて成形し二次発酵させる。
キャンプの時のパンの発酵は常温。

ダッチオーブンで焼く。

上火は中火で下火は弱火で7分くらい、
焼きたてのくるみパンはふっわふわでした。
こんなにふっわふわにできると思ってなかったので大満足!

10696210_10204757980530909_3137496961791268081_n.jpg


これでみんなお腹いっぱーい。

次の日の朝ご飯はすいとんの予定でしたが
夕飯がたくさん余ったので
薩摩芋ご飯を炊いただけ。

すいとんは
キノコ、油揚げ、昆布、白菜、かぼちゃ、
玉葱、大根、里芋、薩摩芋、人参、塩麹漬け鶏胸肉
の順番で重ね煮して
醤油とみりんで味付け。

地粉と塩に水を入れて
耳たぶよりちょっと柔らかくこねて
沸騰した汁にスプーンで落し入れる。

最後に刻んだ葱をいれて。

美味しいんだよな〜。
(やりたかったー食べたかったー
と思って帰宅した日の夕飯がすいとんになりました)

その他七輪でお餅を焼いたり、卵焼き焼いたり
残ってた林檎を焼き林檎にしたりしました。

薩摩芋ご飯は
鍋に洗った米と乱切りにした薩摩芋を入れて
分量の水と塩を入れる。

カセットコンロで火は最初中火、
沸騰したら弱火で10分、
蒸らし15分。

4合炊いてみたけどほとんどが
他のものでお腹いっぱいになってしまって
お昼ご飯のおにぎりに。

お昼ご飯までつくってあると、
楽チンです。

***

キャンプで何をつくるのか考えたり、
事前に仕込みをしたり、
今までつくったことないものをつくるのは
本当に楽しい、

キャンプでは、炭火、ダッチオーブン、スキレットを使って
自宅ではできない美味しいご飯をつくれる、
そしてそれを野外で食べれるのが最高!

あと

私はとにかくキャンプ場の朝が大好き。
一人で早く起きて身支度して
キャンプ場を散歩したり、
朝の肌寒い風にあたりながら
朝ご飯の支度をするのは本当に至福の時間。

これで朝日が登ってきたりすると最高。

子供達も夜明けとともに起床して
ずっと外で遊んでいられて
昼頃には疲れて昼寝してしまうほど。

今年のキャンプも気持ちよく美味しく楽しい思い出が
たくさんできました。

妊娠中のキャンプは
準備片付け大変だし、夜寒いし、
やめようやめよう、これで最後にしよう、
と毎回思うのですが
キャンプ場に行くと、楽しくて、気持ちよくて
あと1回やろうかな、あと1回、あと1回と、
ついついやってしまいます。

いや、でも、今回の妊娠中キャンプはこれでおしまい、
次キャンプに行くのは来年夏、
一人子供が増えてのキャンプになることでしょう。
楽しみです。

posted by Early bird at 04:37| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする