2015年09月21日

古事記語り部ママ養成講座発表会終了

昨日、古事記語り部ママ養成講座第一期発表会でした。

7月から9月までの間
古事記上巻の中で自分が好きなパートを選んで練習。

持ち時間3分で
発表形式は自由。

踊る人もいれば、
音楽にあわせて朗読する人もいれば、
絵を書いてくる人も。

天岩屋戸で、
「天宇受売命」がみなの前で踊ったときのように
みなで円になって、
発表する人が”わ”の中に入って発表しました。

私が選んだのは
「天地の初め」
という一番最初のパート。

この世のはじめを表現したこの部分は
すべての現象世界のもととなる
本質的なことが書いてある気がして
自分は一番ここを表現したいと思った

でも何より
全部を声に出して読んでみたけれど
一番リズムや音が好きだったから
というのが一番の理由。

原文は
何千年も前から先祖代々語り継がれてきた音だから
言霊が宿っていて
声にするだけでパワーがあるはずと思って
原文をどうしても入れたくて

さらに意味がわかって
聞いている人の目の前に
映像が浮かぶようにしたかったから
BGMも入れながら
絵本のような簡単な文の解釈をつけて
表現してみました。

当日松田先生に身体をもっと動かすといい
とアドバイスいただいて

”次に国わかく
うきあぶらのごとく”

”この世は水に浮かんだ油のように
海に浮かんだくらげのように
ふわふわと漂っておりました”

ふわふわ浮かんでいるところを表現しています

12042678_894046197351363_7780636818029376567_n.jpg


”あしかびのごと
もえあがるものによりてなりませる神の名は
うましかしかびひこじのかみ”

”海にうかんだ泥のかたまりに
草や苔やカビが
天に向かって勢いよくのびてゆきました”

天に向かってのびていく様子を表現

12036872_894046337351349_2724820930963713115_n.jpg

こんなかんじでみなで発表してゆき
古事記上巻を発表者全員でつくりあげました。

みなの発表を聞いて
古事記が”語り継がれて”きたものだった
というのがよくわかった、気がします。

本を読んで勉強するだけでは
絶対伝わってこないものが
心に響いてくるから不思議です。

茂木先生の言葉でものすごく心に残った言葉が
「聖なる伝承」

!!

何千年も前から語り継がれてきた
聖なる伝承の言霊パワーで
この世を清めていく

古事記を人から人へ語り継ぐというのは
そういう意味があるんだなと。

そして無事修了証いただき
晴れて古事記語り部ママとなりました。
10676241_894047477351235_6453929685092052522_n.jpg

今すぐにできることは
自分の子どもに語り継ぐってことだけど
これから機会をつくって
多くの人に語り継いでいきたいと思います。
posted by risayamashita at 03:24| Comment(0) | 古事記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

我欲我見の異心を祓って、清らかな心で生きたい

8月中立て続けに読んだ本が

小野善一郎著
あなたを幸せにする大祓詞



小野善一郎著
古事記の「こころ」



5月から、
古事記語り部ママ講座にて
古事記を勉強している流れで
これらの本を読んだわけですが、

無意識だけれども、
日本人の根底にある共通認識っぽいもの
が明確になって
ものすごくよかったです。

それがはっきりわかることで、

日本に生まれてほんとによかった。
日本人てなんて素敵なんだろう。
と思いました。

----------

ユダヤ・キリスト教が
人は生まれながらにして罪を背負っている
のに対し

日本人は
この世に生を受けたときから
私たちの本性は、私たちと血の続いている先祖の
天つ神の御心である。

日本の神々は
唯一絶対神と異なり
私たちとの血の続いている先祖、
その子孫である私たちの本性は神性な存在で、
神々は祈る対象であると同時に
私たち自身の心にも宿っている、
つまり本当のワパースポットは、
私たち一人ひとりの心の中にもある。

-------------

私ももっと精進しなければと
当然、反省だらけであったわけですが、
と、同時に

目の前で起こっていることは
自分の心を映し出しているわけなので

現実で起こることのひとつひとつに対して
”これはなんのメッセージだろうか?”

と今までと違った視点で考えることができるようになったことは
この2冊を読んでの大きな収穫でした。

我欲我見の異心を祓って祓って、万物に神性を見ることができる
感性豊かな心の人を目指してゆきたいと思いました。
posted by risayamashita at 05:41| Comment(0) | 古事記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

本質的なことに目を向けていると、希望しか見えない

5月から始まった
「古事記語り部ママ」育成講座第一期
の全6回の講座が終了しました。

この講座が6回開催される間、
次女が肺炎で一ヶ月以上入院、
つらい気持ちで過ごす日も多くありました。

つらい気持ちで過ごしていると、
なぜかよくないことばかりが耳に入ってくるのです。

日本がどんどん戦争のできる国に向かっていること、
福島原発が未だに大量の汚染物質を地球上にふりまいていること、
その他にも色々と、心が暗くなる情報は山ほどありました。
なぜこの人たちを日本のリーダーにしてしまっているのか、
日本人であることに、日本に住んでいる事に、絶望すら感じました。

しかし、
5月にこの講座がスタートすると、
私はどっぷりと古事記の世界に、ハマる。

図書館から古事記の本を何冊か借り、
古事記を読むにあたり、
日本の昔のことばを学ぶことが大事と知り、

講師の茂木貞純先生の著書
日本語と神道


それから、万葉集に関連する本、大和言葉に関連する本、カタカムナの本まで
様々な本を読みました。

勉強すればするほど、

日本人は、すごい、日本人は素晴らしい、
なんてすごいんだ!すごい!
とにかく感動することばかりなのです。

50音のひとつひとつの音に込められた意味を知る度に、
ひとつひとつの単語の成り立ちや意味を知る度に、

日本語ってなんて素晴らしいんだろう!
日本語を考えた日本人てなんて天才なんだろう!
そして後世に大事なことを伝えるために、
ありとあらゆる知恵を働かせていることに
なおも感動!

こんな素晴らしい国が
悪い方向に向かって行くわけがない!
という気持ちが自然とわき起こってきます。

それで、一昨日主人に古事記の話をしながら
自分の口から
「本質的なことに目を向けていると
希望しか見えない」
という言葉がでてきました。
(自分でもびっくり)

現実世界は本当に大変な問題だらけです。

しかし、
本質的なところに目を向けていれば

世の中で騒がれているニュースに惑わされ
不必要に不安や恐怖を抱くことはない、

ただただ、
世界のため、日本のため、家族のために
日々、今世与えられた自分の役目を果たしてゆくだけである、と。

そんなことを考えながら受講した本日、
最後の回は、涼恵さんの講義と歌が
魂に響いて号泣。

私の無意識深くに、古より、代々受け継がれてきた
日本人としての日本に対する誇り、自信が
しっかりあることを確信しました。

そもそも、古事記を勉強することになったきっかけは、
ママアカデメイアの氣学の回に

20世紀を代表する歴史学者アーノルド・J・トインビー(1889-1975)の遺した言葉として、
「12、13歳くらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる」


ということを学んだこと。

GHQが日本人の日本人としての誇りと自信をなくさせ、
日本人であることが、恥である
と思わせるような教育を行わせた
ということを知って、
とても悔しく思い、
日本の神話を学んでみたい、と思ったのです。

恥ずかしながら、私はそれまで
日本の神話なぞ聞いた事がなく
いなばのしろうさぎ、や、やまたのおろち
など有名な話も、全く知らなかったので
まずは
神社庁のまんが古事記を取り寄せてみたり、
幸せの国の幸せの子供の話〜日本神話〜
友達にいただいたり、
お友達と古事記を紙芝居にして子どもに読み聞かせをする
「古今カフェ」を開催したり、
と子ども目線で古事記を学び始めました。

多少、大人向けの古事記の解説書なども
図書館から色々と借りて読んでみる訳ですが、
まあ、神様の名前が最初のページから
もんのすごーーーーくたくさんでてくるものだから
独学ではわけわからず、挫折・・・

どこかで古事記をしっかり学べないものか、
と機会をうかがっていたのです。

そんなときに、去年の年末、近所のママ友から
「古事記語り部ママ」育成講座
のお誘いをいただく。

母性に焦点をあてて、古事記を解説していく
と聞き、

これこそわたしのための講座だ、これは受講するしかない、
と日程も参加費も聞く前に、受講を決意(笑)
赤ちゃん連れで受講させていただくことにしました。

3人の講師の皆様のわかりやすい講義のおかげで、
また一歩、古事記の理解を深める事ができました。

講師の皆様、事務局の皆様、受講者の皆様、
主人や母の協力で
全6回の講義を受講することができて
本当にありがたく思っております。

書きたいことがたくさんありすぎますが、
ひとまず、9月12日の発表会に向け、
勉強しながら、整理していきたいと思います。
タグ:子育て
posted by risayamashita at 22:16| Comment(0) | 古事記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする