2012年12月13日

重ね煮料理会@清澄白河自宅

ママアカデメイアの受講生さんと
重ね煮料理をつくりました。

メニューは定番の
基本の重ね煮が入っただしなしみそ汁、
具材は粉海苔、あいよ農場の無農薬葱、油揚げ、基本の重ね煮。
味噌は自家製の味噌。

ほうれん草と基本の重ね煮の白和え、
あいよ農場の無農薬ほうれん草と基本の重ね煮を
醤油で味付けした豆腐の和え衣で和えたもの。

車麩と基本の重ね煮の煮物、
車麩を水で戻して素揚げ、基本の重ね煮と和えて
醤油とお酢で調味。

かぶと小松菜と基本の重ね煮の胡麻和え、
あいよ農場の無農薬かぶを塩揉みして、基本の重ね煮と小松菜と和え
すりごまと醤油で調味。
小松菜じゃなくて、かぶの葉っぱを入れようと思ったのに
かぶの葉っぱと小松菜を間違えていれてしまった(笑)
IMG_8052.jpg

ゆるゆる丼
IMG_8050.jpg
豆腐を炒って、基本の重ね煮、大根葉、鰹節をいれて塩で味付け。
大根葉は昨日あいよ農場から届いた大根の葉。
鰹節はだしをとったあと、フライパンで炒ったもの。

白菜巻き
IMG_8056.jpg
昨日あいよ農場から届いた無農薬の白菜を蒸して、
基本の重ね煮を巻きます。

それから、無農薬の蓮根をいただいたので、
蓮根をすりおろして、白玉粉と基本の重ね煮を混ぜて団子をつくりました。
IMG_8055.jpg
醤油と重ね煮の汁と、水溶き葛粉でつくった餡をかけて。

もちもちして、自然な甘みがあって、
子供たちも大喜びで食べました。

まだまだ共有したいレシピがたくさんです。
産前の重ね煮料理会は、今日でおしまい。
ですが、
産後、(どんな状況になるか、まだ未知ですが・・・)
もっと色々とやりたいと思っています。

そのときは、ブログで告知しますので、
ぜひ、遊びにきてください。
posted by risayamashita at 16:33| Comment(2) | ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

妊娠中、授乳期間中の食事 料理ワークショップ@清澄白河

6日(木)に、自宅で妊娠中、授乳期間中のママ向けの
料理のワークショップを開催しました。

もともとこのワークショップを開催したきっかけは
自然分娩で有名な吉村医院の古屋に通ってきている
妊婦さん達の過ごし方がヒントとなりました。

みんな毎日古屋にやってきて
薪割りしたり、スクワットしたり、山登りしたりして
一緒に運動して、一緒にご飯食べて
時々やってくる既に出産を終えた先輩ママ達と
しゃべったりして過ごす事で

一人ではつらい運動もすぐ終わってしまう
一緒にご飯を食べるのが楽しい
先輩ママの話を聞いてお産が全く怖くない
友達ができて楽しい

らしいのです。

でも、私は美佑さんを妊娠していたときは
自分の友達はみんな独身で働いていて
産休に入って平日何も予定がなくて
運動しなきゃいけない、食事に気をつけなきゃいけない
お産を間近に迫ってきていろんな不安もでてきた
旦那さんにうまく気持ちを伝えられない
などの状況になったときも、
妊婦の友達も一人か二人で、
ママ友なんては皆無、
同じ立場の妊婦さんや、
既に出産を終えた人に相談したいと思っても
誰もいなくて孤独なマタニティーライフを送った上に

産後半年は、
自分に産後の知識がなく、
産後よくある女性特有の悩みに対して対処法わからず、
友達も少なく、美佑さんアトピー
ひどい貧血で体力戻らずで

ほとんど産後うつ
に近い状態で過ごしたのです。

本当、今考えたら、すごいつらい期間でした・・・。

だから、そんなつらい思いをする人が
一人でも少なくなってほしいと願い、

妊娠中、そして産後の産休中に
みんなで集まってご飯をつくって食べる会
を開催したいとさとかなさんに相談したのがきっかけでした。

そして、妊娠中、授乳期間中は
食事に気をつけないといけないことは
重々わかっていながらも、
三食家でつくって食べるとなると
一日中料理していなきゃならない。
そんなのって辛いと思うんです。

だからこそ、同じ状況の
妊婦と授乳期間中のママ同士で
赤ちゃんとママのことを考えた食事を
みんなで一緒につくって食べる会をやったらどうか
と思ったわけです。

そんなわけで、今回は

妊娠中に多い
むくみ、便秘、冷え、貧血の解消

それから産後
体調をととのえ
身体を回復を早め
母乳の出をよくして
母乳の質を高める

食事っていったいどんなものなんだろう?

というのをテーマに、
内容を考えてみました。

私は1回目のお産のときに
大きなトラブルがありました。

ひどい貧血
切迫早産で入院
産後の大量出血
美佑さんのアトピー

そのため、2回目お産は食事(含めその他生活習慣)は
色々と調べて工夫していることがあるので
そんな知識を共有できたらなんて思って
色々考えてみました。

今回参加者は
妊婦4名
授乳期間中のママ7名
でとてもにぎやかな会となりました。

妊娠中、授乳期間中は
赤ちゃんの身体もつくっているので
新陳代謝がよくなって、
身体に酸性の老廃物がたくさん巡っているので
いつもよりも身体が酸性に傾いています。

ですから、できるだけアルカリ性の食品を
とるのがよいのです。

アルカリ性の食べ物とは、
米、自然塩、醤油、味噌、
海藻、野菜などで

酸性の食べ物とは、
肉、魚、卵、乳製品、油脂、砂糖、人工的なものです。

なので、今回は簡単につくれる和食献立ってことで
メインは「おにぎり」にしました。

というのも、
一緒に企画してくださったさとかなさんから

3000円や4000円のお料理教室は
敷居が高くてなんか楽しそうじゃないかんじで
あまり参加する気にならないのと、
おにぎりだったら料理が苦手な人も
すごくとっつきやすいと思う
というアドバイスがあったからです。

そして子育て中の忙しい中で、
いかに短時間で必要な栄養のとれる食事をつくるか
を考えた時に私があみだした方法は

毎日食べる米になんでもいれてしまう
という方法だったからです。

私はいつも食べている米に

ヒエ(冷え解消)
アワ(むくみ、貧血解消、母乳の出がよくなる)
キビ、押麦(便秘解消)
アマランサス(貧血解消)
黒米(抗酸化)
はじめ、いろんな雑穀を
ブレンドして炊いています。

また、小魚や海藻や豆や乾物からカルシウムや鉄分をとるために
昆布、ひじき、わかめ、桜えび、ちりめんじゃこ、切干し大根、すりおろした高野豆腐、
干し椎茸、黒豆、大豆、小豆など混ぜて炊きます。

そうすると、塩むすびと、具沢山のみそ汁と、青菜の和え物か漬け物
くらいでほとんどおかずをつくる必要がなくなるほどです。

なので今回は
*黒米、黒豆、黒ごまご飯

*ヒエ、アワ、キビ、アマランサスご飯(押し麦を入れようと思っていれ忘れた)
IMG_7988.jpg


*土鍋で薩摩芋ご飯
を炊いてみました。

お米は、5分付きの米を使っています。
なぜなら
玄米は
消化に負担がかかりすぎる、
また排出力が強すぎて鉄分はじめミネラルまで排出してしまうので
妊婦や子供には向かないからです。

ちなみに私は1人目妊娠中は
いつも玄米を食べていましたが
産後5分付きの米にかえて、
毎日上記のような
雑穀と乾物のご飯と青菜を食べて
鉄鍋を使うようにしていたら
貧血は解消しました。

最初は看護師さんから
「菜食主義はだめ、貧血のときは
レバーや赤身の肉や魚なども毎日とらなきゃ」
と言われて試してみましたが
もともと動物性タンパク質をあまりとらない食生活
を送っていたもので、毎日そうしていたら

ひどい頭痛、吐き気、けだるさで
つわりは一層ひどくなって
大変体調が悪くなってしまったのでやめて
昔の日本人の生活になるべく近くしていこうと決めたのでした。

話がそれましたが
おにぎりの具は

*だしをとったあと取り出して刻んだ昆布と生姜の佃煮
(ごま油で炒めて味付けは醤油だけ)
*かぶの葉とだしをとったあと取り出して炒った鰹節
(かぶの葉だけごま油で炒めて味付けは塩とちょっとだけ醤油)
*大葉の醤油漬け
(大葉を軽く塩でもんで醤油、ごま油に漬けておく)

にしてみました。

おにぎりっていうと人気の具材は
鮭、たらこ、シーチキン
のような動物性のタンパク質が多いですが
それならみんないつもやってるだろうと思って
あえて地味で素朴なかんじにしてみました。

まず
玄米と精米したお米の研ぎ方をデモして
土鍋でご飯を炊く方法をお話したあと、

みんなでおにぎりをにぎっていきました。
IMG_7981.jpg

にぎったあとはみんなでご飯。

普段はみんなでつくってみんなで食べるワークショップをしていますが
今回は人数が多かったのでその他のおかずは
私がつくっておきました。

こんなかんじでバイキング形式に。
IMG_7995.jpg

つくったのは
漬物たち。
*大根と人参と胡瓜の麹漬け(生の麹と塩)
*ゆず大根(酒、醤油、ゆず、粉唐辛子少々)
*白菜のおかか漬け(白菜を塩でもんで水を捨て、鰹節、醤油)
*胡瓜の生姜漬け(胡瓜をたたいて、生姜、醤油、ごま油)
IMG_7991.jpg

青菜の和え物。
*春菊の白和え(基本の重ね煮、春菊、水切りした豆腐、味噌、塩、醤油)
IMG_7993.jpg

*かぶの葉の胡麻和え(かぶの葉を塩でもんで水を捨て、基本の重ね煮、すり胡麻、醤油)
ちなみに胡麻も良質な油脂分、蛋白質がとれるので妊婦と授乳期間中にはもってこいの食材です。
IMG_7994.jpg

ほかには
*厚揚げと切昆布と桜えびの煮物(味付けは塩と醤油)
*車麩の煮物(基本の重ね煮、醤油、お酢)
 重ね煮料理の定番、今回も大人気で、何人かにレシピを聞かれました。
*黒豆の甘煮(黒砂糖、塩)
IMG_7990.jpg

写真がないけど
*具沢山の豚汁(だしは鰹節と昆布)
動物性蛋白質が全くなかったので物足りない人もいるかなと思い
豚小間を細かく刻んでちょっとだけ入れてみました。

だしは何でとってますか?
と何人にも聞かれましたが
昆布を水に5時間くらいつけといて、
漬け汁を沸騰させて鰹節でだしをとりました。

でも、豚肉、油揚げ、野菜達からたっぷりだしがでていたので
おいしい汁だったんだと思います。

味噌は自家製の味噌でした。

デザートには
*オートミールと米ぬかのビスケット
IMG_7996.jpg

うちは5分づきの米を食べているのですが
玄米を毎日精米しているので
米ぬかがでます。

しかも無農薬のお米なので捨てるのがもったいないから
ぬかは炒って
ふりかけ、お菓子、肉団子、みそ汁などに入れて使っているのです。

*林檎とおからと米ぬかのケーキ
IMG_7997.jpg

使った粉は有機栽培の小麦粉、全粒粉、
おからは近くの豆腐屋さんで買ってきたもので
甘味料は素焚糖です。

林檎は切って塩と一緒に無水で蒸し煮して使いました。
そうすると、いっきに甘みが増して、
甘味料の量を少なくすることができるのです。

配合や焼き温度時間はいつも味を想像しながら
家にあるものを次々混ぜて
自分の感性でつくるので
覚えてなくてすみません。

そして、みんなで食べながら
さとかなさんの無敵美人道を聞いて、
お産の話、生理の話、子育てしながら働くことについての話など
深い話も色々話し合いました。

みなさんの話題になっていて私が気になったのは
「働く」
ということに関してでした。

私がブログに書いたママアカデメイアの気学の回の感想
読んでくださっていた方がいらっしゃって

私が書いた文章↓

男性と同じように働いて
キャリアを積んで
お金をたくさん稼げる、多くの人に貢献できるだけの
スキルを身につけることがかっこいい
という価値観を私が持っていたのは

もともと生まれたときからそう思っていたわけではなくて
環境によってそういう価値観が出来上がったのだ


というところに共感してくださり、
仕事も子供も家事もうまくいくよう考えようと思った
というようなかんじのことを話してくださった方もいたり

周りはバリバリキャリアウーマンだけど
自分は子育て中心!と決めている方もいたり

0歳や1歳から保育園に預けて働いているとか
3歳まで家庭で保育したとか関係なしに
愛情をたくさん受けてまっすぐに育っている子供もいれば
そうじゃない子もいる
という方もいたり

働くことより、
子供を保育していることが自分にあっているという方がいたり。

こういう状況をみんなでシェアできる場って
すごくいいなぁって思いました。
いろんな立場、特技がある人が集まって
それぞれの話を聞く事で
一旦自分の視野が広がった上で
自分に一番あうものを選択するのと

こういうのって女にしかわからないことで
旦那さんに相談しても、共感して同じ立場では
考えてもらうの無理だから
一人で悶々と考えて、苦しいけどこの選択肢しかない
けど悔しいけど我慢しなきゃいけない
みたいなかんじで物事を決めていくのでは
大きな違いだと思うんですよね。

みんなでご飯を食べて
同じ状況だからこそ共有共感できる話をする、
ほんと、今回のような会を
頻繁にできたらなぁと改めて思ったのでした。

一緒に掃除と片付けも手伝ってくださり
帰りには部屋がピカピカな状態になっていて
ありがたい限りでした。

本当にみなさんありがとうございました。

でも、ここで話は終わりません。

この会には、実は裏があって、
こんなに準備をしっかりできたのには
大変協力的な優しい旦那さんの姿がありました。

私があれもしなきゃこれもしなきゃとピリピリしていても

そんなにピリピリしてもいいことないよ、
大丈夫、できなかったら、
今はやる必要なかったんだな、ピッピラピ〜♪
ってしてればいいんだよ

と声をかけてくれたり、

自分の仕事も大変忙しい中、
洗濯干してくれたり、皿を洗ってくれたり
いつもより早く帰ってきてくれたり
朝いつもより早く起きて
美佑さんの面倒をみてくれたり、
多大な協力があっての会でした。

旦那さんは、会社を経営していて
最近は売上を伸ばし続けているらしく絶好調なおかげで
お客さんが増えていて仕事は増えている

その上もうすぐもう一つ会社を起業し、
オフィスも広いところに移転する
という大変忙しい時期なのに

いつも笑顔で余裕があって
私が協力してほしいというと
文句一つ言わず早く帰ってきて協力してくれ

なんて偉大な人なのだろう、と
今回の件で改めて思いました。

それから、いつもは
料理のワークショプは一人で主催しているのですが
今回は、ママアカデメイア代表のさとかなさんが
一緒に企画、運営してくださったことで

会の企画や、進行中も色々相談できて
とても心強く感じました。

そしてうちの美佑さん、
なぜか準備中や当日、私が忙しいときは
一人で集中して遊んでいてくれて
手があくとやってくる
超空気が読める女の子!
あまりにありがたいので
会が終わってからめちゃくちゃほめて
感謝しました。

たった一日のワークショップですが
ものすごくいろんなことを学び感じた幸せな一日でした。

皆様本当にありがとうございました。

産後はどんな状況になるか全く想像がついていませんが

私は飲食業や製造販売業や料理教室は
まるきりやる気がなくて、

みんなで集まってご飯を食べて喋って困っている事を解決できる

ことがやりたいと思っています。

またきっと何か企画すると思うので
ぜひぜひ、参加しにきてください。

今後とも皆様どうぞよろしくお願いします。
posted by risayamashita at 06:07| Comment(0) | ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

クリスマスパーティーメニューのお料理会@清澄白河

お友達のおうちで、お料理会をしました。

メニューは

*ミートローフ
インゲンとゆでうずら卵が真ん中に入っていますが
断面を写真で撮り忘れました。
mail.jpeg

*インゲンと3種のキノコの豆乳キッシュ
mail-6.jpeg

*ジャガイモのポタージュ
mail-4.jpeg

*海老とインゲンのターメリックライス
mail-5.jpeg

*ロースト野菜の粒マスタードマリネ
mail-1.jpeg

デザートは
*グレープフルーツとキウイのジュレ
mail-3.jpeg

私が焼いていった
*ココアと米ぬかとブルーベリージャムのクッキー(アイシングしてみた)
mail-2.jpeg

でした。

一眼レフを持っていけなかったので
携帯で写真をとったら全然うまくとれなかったのですが・・・。

豪華なランチとなりました〜
posted by risayamashita at 05:40| Comment(0) | ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする