2015年10月25日

11月14日(土)、15日(日)くさっぱらまつり2015

11月14日(土)、15日(日)
くさっぱら公園にて
くさっぱらまつり2015
開催されます。
詳細こちら

くさっぱら公園は、
「手を加え、変えていける公園」
ということで自由度の高い公園で
木のぼりや泥遊びができる、
大田区では数少ない公園の一つです。

うちは馬込で、少し遠いのでなかなか遊びに行けないのですが
千鳥町の駅に近いということなので
ぜひ遊びに行きたいと思っています。
posted by risayamashita at 14:54| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

身体を整えると心も整う、子育てが楽しくなる「母子のための活元会&手当て講座」

日々の子育てを楽しめる
必須条件としてあげられる項目は
1、身体が元気(痛いところがない)
2、心に余裕がある
だと思っています。

身体が元気で心に余裕があると、
子どもをじっくり観察することができる。



子どもをじっくり観察できると、
子どもと一緒にいる時間が
すごく充実してくる、
とっても楽しくて幸せな気持ちで満ちてくる。

と私は思います。

そのためにも、
・身体が元気(痛いところがない)
・心に余裕がある
状態を、
自ら作り出せることが
ものすごく大切だと思っています。

私は去年から
「母子のための活元会&手当て講座」
というのを毎月開催するようになって

自分と子どもの身体を
メンテナンスする方法を学んでいます。

おかげで、
身体のどこか痛くなっても、

心の余裕がなくなって、
無性に不安にかられたり、
イライラしたりしても、

身体からアプローチすることで
無理なく自然に
心も身体もよい状態に向かわせる
ことができるようになってきました。

そして
自分の生活の中に活元運動を取り入れるようになってから
確実に!!!身体が変わった
というのを感じています。

次回の「母子のための活元会&手当て講座」は

9月29日(火)10時15分から12時に、
を開催しますので
よかったらご参加ください。

【母子のための活元会&手当て講座】

活元会で「活元運動」というのを学び
身体に堆積している歪みを解消する運動を
無意識のなかから引き出し、
自然治癒力を豊かにしていきます。

また、手当て講座は「愉氣法」というのを学んで、
「氣」を集中して
体の中の働きを高めて
元気を呼び覚まし
薬や病院に頼りすぎない手当法などを学びます。

その他、参加者の質問により
咳の手当法、
耳掃除がいらなくなる方法、
子供が良く眠る赤ちゃん体操、
お母さんがイライラし始めた時の呼吸法などなど
毎回、すぐに役立つ知恵も
たくさん教えていただいています。

【日時】
9月29日(火)10時15分〜12時
【持ち物】
汗拭きタオル
飲み物
動きやすい服装
【参加費】
500円
【場所】
西馬込ライフコミュニティー
第一和室
大田区西馬込二丁目20番1号
(都営地下鉄浅草線「西馬込駅」下車(西口出口)徒歩約1分)
【講師】
野口整体の活元コンサルタントで、産後ドゥーラ
の曽我部ゆかりさん
http://shanti-birthday.jimdo.com/
【申込】
隈部までご連絡ください。
ご参加お待ちしてます。
posted by risayamashita at 22:55| Comment(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

文化の森「多世代お茶処」終了

5月から文化の森で開催してきた
文化の森「多世代お茶処」ですが、
9月28日(日)をもって、
全9回終了しました。

平成25年度に開催された
区民大学「子育てと地域講座」を
一緒に受講したメンバーが中心となって
運営側も、子育て中の母親から、
子育て一段落世代(子供が高校生大学生)、
孫育て世代までの多世代で運営してきました。

ここに来れば、誰かいて
子供とおじいちゃんおばあちゃんが一緒に遊んだり、
お母さん同士でおしゃべりしたり、
悩みを聞いてくれる人がいたり、
困っていることに協力してくれる人がいたり、
ちょっと休憩できたり、
なんかほっとできるような、
そんな場所がつくれたらいいなーと思って、
去年の活動を引き継いで始めたこの会、

回を重ねる度に参加者が増え、
のべ約177名の方が遊びに来てくださいました。

プラス毎回スタッフが10名弱。
参加してくださった皆様、ありがとうございました。

毎回、文化の森の和室いっぱいに
子供の笑い声が響いていました。

嬉しかった事は、常連さんが何人かできたこと、
毎回参加してくださるおばあちゃんと、親子がいました。

おばあちゃんは、
「子供が大好きでね、でもお預かりする自信はないから
こういうところに来て遊ばせてもらってるの」
と毎回開始時間前に来てくださって
ちょっと来る時間が遅かった時には
「あのおばあちゃん、どうしたのかな?具合悪いのかな?」
なんてみんなで心配するほど。
実際は、開催日を忘れていて、
終了間際に来てくださったというだけだったのでよかったのですが、
地域でこんな関係性ができていたらいいなあって。

それから、
初めて来たけど、こういうところ探してたとか、
これからも続けてほしいとか、
そういう声をかけてくださる方がいたこと、

地域のおばあちゃんおじいちゃんと子供が集まってきて一緒に遊べるところ、
地域の人と気軽にお茶を飲んで話せるところ、
地域の人とつながりたいという人が
いるんだということがわかりました。

私は大田区に引っ越して間もない頃
この地域で多世代の人とつながりたい、
でもどうしたらつながれるんだ?!
と思っていたら

区民大学「子育てと地域」

というチラシを区役所で見つけて
これは私のための講座だと思って受講、

そうしたらそれがきっかけとなって始めた
この活動を通して地域の多世代の方と
関係性を築くことができました。

電話一本、メール一通で
困った時に助けてくれる人が
近所に何人もいるというのは
なんと心強いことでしょう。

そして自分自身もその人たちの
何かの役に立てたらいいなと思うのです。

「子育てと地域」といっても、とても漠然としていましたが
自分と子供達と、地域の人との関係性を築いていくことが、
地域というのにつながれていくことのように思いました。

子供達は子供達で、
地域の色んな世代の大人と子供と一緒に遊んで、顔見知りになって、
世界が広がったんではないかと思います。

この活動はもともと
大田区内の各拠点に、何カ所か
多世代お茶処のような場所をつくりたいね
というお話のもとに始まりました。

なので、私が出産のために、半年間はお休みとなりますが
来年度、5月以降となると思いますが、
多世代お茶処はこれからも続いていく予定です。

ここまでご協力いただいた
文化の森運営委員会の皆様、まちづくり実行委員会の皆様
多世代お茶処運営メンバーの皆様
本当にありがとうございました。
posted by risayamashita at 16:54| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする