2014年10月04日

文化の森「多世代お茶処」終了

5月から文化の森で開催してきた
文化の森「多世代お茶処」ですが、
9月28日(日)をもって、
全9回終了しました。

平成25年度に開催された
区民大学「子育てと地域講座」を
一緒に受講したメンバーが中心となって
運営側も、子育て中の母親から、
子育て一段落世代(子供が高校生大学生)、
孫育て世代までの多世代で運営してきました。

ここに来れば、誰かいて
子供とおじいちゃんおばあちゃんが一緒に遊んだり、
お母さん同士でおしゃべりしたり、
悩みを聞いてくれる人がいたり、
困っていることに協力してくれる人がいたり、
ちょっと休憩できたり、
なんかほっとできるような、
そんな場所がつくれたらいいなーと思って、
去年の活動を引き継いで始めたこの会、

回を重ねる度に参加者が増え、
のべ約177名の方が遊びに来てくださいました。

プラス毎回スタッフが10名弱。
参加してくださった皆様、ありがとうございました。

毎回、文化の森の和室いっぱいに
子供の笑い声が響いていました。

嬉しかった事は、常連さんが何人かできたこと、
毎回参加してくださるおばあちゃんと、親子がいました。

おばあちゃんは、
「子供が大好きでね、でもお預かりする自信はないから
こういうところに来て遊ばせてもらってるの」
と毎回開始時間前に来てくださって
ちょっと来る時間が遅かった時には
「あのおばあちゃん、どうしたのかな?具合悪いのかな?」
なんてみんなで心配するほど。
実際は、開催日を忘れていて、
終了間際に来てくださったというだけだったのでよかったのですが、
地域でこんな関係性ができていたらいいなあって。

それから、
初めて来たけど、こういうところ探してたとか、
これからも続けてほしいとか、
そういう声をかけてくださる方がいたこと、

地域のおばあちゃんおじいちゃんと子供が集まってきて一緒に遊べるところ、
地域の人と気軽にお茶を飲んで話せるところ、
地域の人とつながりたいという人が
いるんだということがわかりました。

私は大田区に引っ越して間もない頃
この地域で多世代の人とつながりたい、
でもどうしたらつながれるんだ?!
と思っていたら

区民大学「子育てと地域」

というチラシを区役所で見つけて
これは私のための講座だと思って受講、

そうしたらそれがきっかけとなって始めた
この活動を通して地域の多世代の方と
関係性を築くことができました。

電話一本、メール一通で
困った時に助けてくれる人が
近所に何人もいるというのは
なんと心強いことでしょう。

そして自分自身もその人たちの
何かの役に立てたらいいなと思うのです。

「子育てと地域」といっても、とても漠然としていましたが
自分と子供達と、地域の人との関係性を築いていくことが、
地域というのにつながれていくことのように思いました。

子供達は子供達で、
地域の色んな世代の大人と子供と一緒に遊んで、顔見知りになって、
世界が広がったんではないかと思います。

この活動はもともと
大田区内の各拠点に、何カ所か
多世代お茶処のような場所をつくりたいね
というお話のもとに始まりました。

なので、私が出産のために、半年間はお休みとなりますが
来年度、5月以降となると思いますが、
多世代お茶処はこれからも続いていく予定です。

ここまでご協力いただいた
文化の森運営委員会の皆様、まちづくり実行委員会の皆様
多世代お茶処運営メンバーの皆様
本当にありがとうございました。
posted by risayamashita at 16:54| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

大田区 大田文化の森「多世代お茶処」

去年、区民大学「子育てと地域講座」を一緒に受講したメンバーとその友達たちを中心に
大田文化の森にて、「多世代お茶処」
というのを開催しています。

1980666_257537607758959_716314410_n.jpg
10013013_257537614425625_53778246_n.jpg

赤ちゃん、そのお母さん、お父さん、
おじいちゃん、おばあちゃん、いろんな世代の方が入り交じって

お茶を飲んだり、おしゃべりしたり、
コマをまわしたり、絵本を読んだり、
小麦粉粘土をこねたり、
座布団を引っ張りだして投げて遊んだり・・・
とても賑やかな感じです。

既に三回終了したところですが、
回を重ねる度に、参加者は増えていて嬉しい限りです。

大田区周辺にお住まいの皆様
ぜひ遊びにきてください〜
posted by risayamashita at 20:37| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

アズママ交流会に参加しました

先日、アズママの近所の交流会に参加しました。
(参加したのは2回目)

1、2期のママアカデメイアの最中の託児をお願いしたことで
アズママのことを知り、
その後、個人的に何度も利用して
近所のママサポーターのお二人とは
子供達も顔見知りになりました。

自宅で開催しているイベントの際の託児もお願いしたり、
区民大学の講座中に講座を受講している建物の近所の児童館で託児していただいたり、
主人が年末仕事で大掃除が終わらなかったので、続きをやりたくて、3時間ほど近所の公園で託児していただいたり、
本当にありがたい存在です!!

アズママの子育てシェアサービスに登録して
いつどこでサポートしてほしいか投稿すると、
近所の方や、アズママ公認のママサポーターさんが
サポートしてくださいます。

保険もきくし、1時間500円〜700円とサポート料金も決まっているので
気をつかってお礼を渡そうとか考えなくてもいいし
時間があいている人に、効率的に呼びかけられてとっても便利です!

保育園の一時預かりってすごく金額的にも保育料高いし、
第一あきがないし、探すのが面倒、送り迎えが大変、

それからファミリーサポート登録するのが面倒、
登録日が決まっていていつも行けない

大森キッズな、安いけど遠いので送り迎えしてる時間もったいない、
かなり前から予約しないとあきがない、

だからマズママの子育てシェアサービスってかなり革命的だなと思います。

アズママの近所のママサポーターさんが主催している
交流会に参加したら
「頼り合う子育て」をしように共感する方がいらっしゃってて
「何ができるかわからないけど、私にもできることがあるなら
役立てることを何かしたい」
という意志を感じ、すぐに仲良くなれました。

これは児童館ではつくれない人とのつながり!と思い
本当に有意義な場でした!

ひいらぎいわし(節分の前日に玄関に飾り、鬼をおいはらう)
もつくりました
unnamed-5.jpg
娘がクリスマスのリースのように、せんりょうの実をたくさんつけてました。

ママサポーターの裕美さんが元幼稚園教諭で、
工作系がもんのすごいセンスあって上手で
毎回とても楽しみです。
裕美さんがつくるチラシも手書きですごくかわいいです!

そしてママサポーターさんお手製のぜんざいもいただき
子供達も楽しそうでした。

交流会は月1回開催されていて
次回は2月17日(月)に開催されるそうです。
よかったら一緒に参加しましょう〜♪
posted by risayamashita at 05:14| Comment(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする