2010年09月03日

雇用創出

私が今、一番興味があることは、
どのようにして、雇用問題を解決するか、
ということです。

今、一流大学を卒業した優秀な学生が
やりたい仕事、やるべき仕事がない状況です。

仕事は、
自分意味価値を発揮できる場所という
観点からすれば、

生きがいのある仕事がが見つからないことは
自分が生きる意味価値の喪失と思う人もいるし、

これまで時間とお金を費やして勉強してきたことが
すべて無駄になってしまうような虚しさ、失望感を
感じている人がたくさんいます。

仕事が見つかっても、こんなの機械がやる仕事でしょ!
私がやる仕事じゃない!
と思っている人も多くいます。

人間であることがいかされない仕事ばかりが
世の中にあふれているから
心の奥底では
人間であるプライドがそれを許さないし、
傷つくんだと私は思います。

仕事が見つからなければなおさら
だと思います。


私は、同じ世代の友達たちが
仕事に対して感じる疑問を聞くたびに

その人たち自身の責任だけではないと感じます。


------------------------



私は小学校のときから、
一番なりたい職業は
日本で最初の女総理大臣でした。

授業でそれを発表したら
みんなにもすごくばかにされたし、
先生も目をまるくしたけど、
それは本当にまじめにそう思っていました。

それを思い始めたのは、
別に小学校のときからではありません。
幼稚園のときくらいだったか、

私は、戦争の話をたくさん覚えています。
祖父母から聞いたこと、テレビでみたこと、
母親からきいたこと、本でよんだこと、
幼稚園で学んだこと・・・

そのとき、私が決断したことがあります。

自分と自分の家族だけが幸せに生きようとしても
それは不可能である。
社会でいきなり戦争がおき始めたならば
自分と自分の家族がどんなに幸せに生きようと努力しても
難しい。

だから、私の役割は
家族も私も安心して暮らせる、世の中をつくることだ。

なんかその思いがずっと私のモチベーションとなって
小学校中学校高校と
生徒会の活動、地域の活動、学校の勉強もすごく頑張りれたし
やはり一番好きだった教科は政治経済でした。

大学に入ってからは、
大学にとても好きな先生や先輩が何人かいて
世の中のことをいろいろと教えてくれたものだから
自分の読む本や出会う人や取得する情報がどんどんかわっていって
それまでよりは、一段と視野も広く細かくなったと思います。

それで私が大学2年くらいのころは、
学校内外のいろんな活動や人との出会いを通して
追求していくテーマは
これからの時代に必要になる仕事、人間の能力とは?
に集約されてきました。

これからは、私が好きだったインターン先のIT企業の社長や上司が、
これからはロボットできる仕事がどんどん増えていく
だから人間だけができる仕事をしないと、仕事がなくなる
と話していて、最もだと思いました。

それからは、人間の能力として必要なことは
論理的思考能力、想像力など思考に関する力をのばす方向性に
何かありそうだと思うようになりました。

しかし、それをいかしていったい何をやればよいか?
という問題がありました。

今の時代、みなが求めていることはなんだろう?
と。

それで環境とか、食とか、ITとか、好きなテーマから今の時代の
ニーズが何なのかをさがすことにしました。

とにかく手探りでありとあらゆる手段でとびまわって
すごく忙しくしていて仕事もいろいろやりました。

それで気づいたことは
世の中の変化は、消費者のニーズの変化が関係しそうだ
ということでした。

私は有機野菜をネットで販売する会社にいました。
有機野菜がネットで販売されることは
農家、環境、消費者のみんなにとってとてもよいことです。
広まれば広まるほど、よい。

だけれども問題は「有機野菜をほしい」と思う人の数には
限りがある
ということでした。

私はちょうど広報の仕事をしていたので
自分の会社の売り上げをどうしたら上げられるか
という課題を与えられていたのですが

私は自分も家族も周りの人たちも幸せに生きる世の中づくりが
自分の役割だと思っていたので

自分の会社だけではなくて
他の有機野菜を販売する会社も売り上げが上がる道

つまり、有機野菜を広めるにはどうするか、を考えました。

いろいろ調べたり考えそこで行き着いた答えが

「有機野菜を買いたい、と思う価値観の人を増やすこと」

掘り下げれば、自分の生活だけよければよいということではなくて
自然環境や、食べ物をつくる農家までもが喜ぶ消費活動を行える
視点の高い人が増えること

つまり、人々の価値観、人々が変わることでした。


--------------------------------------


人の価値観が変わることは
新しい雇用をうみだすことにつながると思うようになりました。


これまでは、冷蔵庫、家、車、など工業製品を
ほしがる人が多かったし

それで雇用がうまれて経済循環もよかった。

けれど今は、何かいい物を買ったり買い換えたり
することにお金を使いたい人はどんどん減っているから

製品は売れない、雇用はうまれない、経済は循環しない
状況になっています。



いったい、
人の価値観はどのように変わっていくのか?
それが私の追及のテーマとなりました。
ラベル:政治
posted by Early bird at 00:51| Comment(3) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする