2016年11月07日

もんぺ

もんぺ2着完成。
IMG_1792.JPG
今まで履いてたパンツの
チャックが閉まらない、ゴムがきつい、
となってきたので
早朝コツコツと。

型紙は
うなぎの寝床
から。

胎動を感じられるようになると
やっとお腹に赤ちゃんがいるんだなー
と実感できて嬉しい。

4回目のお産は、自宅出産の予定。
長女次女と同じ3月生まれになりそう。

通ってる助産院の嘱託医が
胎内記憶の研究で有名な池川クリニックの
池川明先生。

まさか自分が池川先生の診察を受けることになるとは。

23歳で長女を妊娠したとき
周りに子育てしてる友達もいなくて
母親になる自信もなくて
毎日泣いてた。

そんなときある方がわたしに
池川先生の著書
「ママを守るために生まれてきたよ」
を読むようにすすめてくれ。

お腹に宿った尊い命を
産み育てようと決心した。

あれから6年。
1歳3歳5歳のちっちゃな三人の子どもたちに囲まれて幸せな毎日。

誰がお母さんの隣に寝るか、
誰がお母さんと手を繋ぐか、
とかでいつも喧嘩してて可愛い笑

またあの陣痛の波がやってきたときの興奮と
産んだときの快感を味わえるかと思うと
楽しみでたまらない!

子どもたちのおかげでワクワクの人生です。ありがたや。
posted by risayamashita at 12:38| Comment(0) | 出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

幼児と低学年向け「性と生命のお話」

竹村絵美先生の
幼児と低学年親子向けの
誕生学講座に参加します。

一緒に参加しませんか〜?
絵美先生、とっても明るくて元気ハツラツ
楽しくて面白い講座を展開してくださるはずです☆


【幼児と低学年向け性と生命のお話】

日時:8月25日(木)13:00−14:30

場所:Wave Yoga Studio
〒113-0033 東京都 文京区本郷2-18-9 ドームヒルズ本郷3階B

赤ちゃん人形、骨盤模型、胎盤&へその緒、
幼児や低学年の児童が理解しやすいやさしい絵と言葉をつかって、
うまれてくるまでお腹の中で何をしていたか?
どうやってうまれてきたか?
(命の道、命の窓、両方の生まれ方をお話します)
などお話していきます。

良書の回覧、質疑応答時間もあります。

5歳までに80%以上の子供が『いのちってどこからきたの?』
と質問するそうです。
商業的な間違った情報に出会う前に
「性と生命の話」親子で一緒に学びましょう!

受講料:3,000円(母親&父親の大人2人参加:4,000円)
大人の参加人数を予約数にお入れ下さい。

定員:15組
ご予約の締め切り:8月23日(火)
8月23日にワークショップの開催の有無をご連絡させて頂きます。

申込先:https://coubic.com/waveyoga/297843

☆誕生学アドバイザー 竹村 絵実☆   

公益社団法人 誕生学協会認定 誕生学アドバイザー
日本マタニティ・ヨーガ協会 認定インストラクター  
YOGA.ed.公認キッズヨガインストラクター      

1990年代にヨーガを始め、国内外でヨーガを学ぶ。
プログラム開発や指導案の作成、インストラクター養成を手がける。
現在は、自身の出産をきっかけに、聖路加国際病院、自由が丘ヨガスタジオ、
伊勢丹などで、産前産後ヨーガを指導中。
同時に、世田谷区立、目黒区立、横浜市立、川崎市立などの小学校はじめ、
保育園、幼稚園の子供達と保護者に誕生学講座を行っています。

サラママヨガ:http://www.saramomyoga.com/  
誕生学講座関連ブログ:http://ameblo.jp/emisara/   
posted by risayamashita at 05:46| Comment(0) | 出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

産後も布ナプキン

わたしが産後つらかったことのひとつが

産後パット!!

ここ10年、布ナプキンしか使ってないわたしは
産後パットなんか痛くて
ものすごい苦痛でした。

産後パットに血が漏れるのが気持ち悪くてたまらないので
膣をぎゅーーーっとしめて
血がたまってきたらトイレに出しにいくようにしました。

退院してからはすぐに布ナプキンに。
わたしは
使い古したパジャマや
使わなくなったガーゼハンカチを
切って縫って布ナプキンにしています。

トイレの便器に布ナプキンが落ちたり
歩いてる間にずれたりするのがいやなので
プラスチックスナップボタンをつけて
とめています。

また、量が多い日は
メイドインアースの布ナプキンホルダーに
お手製布ナプキンを重ねれば安心。

基本的に血がたまってきたらトイレに出すようにしてるのですが
よっぽど長い時間トイレに行けないってことがない限り
大丈夫です。

あと気を付けるべきは寝起き。
気を付けないと
夜、膣にたまってた血が
起き上がるときにドバっと出てくることがあります。
それで何度かシーツを汚したことが(笑)
だから寝起きはしっかり下半身に気を集中させてすぐトイレに行きます。

そうやって普段より自分の身体を意識することで気づくことっていっぱいあるし
自然と
力をいれるべき場所に力をいれて生活することができるので
わたしてきにはすごく気に入っています。

大学生のとき
自然食品店で陳列されてた布ナプキンをみて
なんの知識もなかったけど
始めてみたら
量は減るし気持ちがいいし痛くならないし臭くないし
いいことばかりなので
布ナプキンしか使わなくなりました。

長女出産後初めて
布ナプキンについて書かれてる本があるって知ったし
経血コントロールのことも初めて聞いた、
で、経血コントロールを意識し始めたら
余計に布ナプキンが楽しくなった。
詳しくはこちら
毎月の生理が超楽しみになるお話

でも妹たちに布ナプキンすすめても
わたしは無理とかいって全然してくれない(笑)

そんな難しいもんじゃないと思うんだけどな〜
posted by risayamashita at 00:41| Comment(0) | 出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする