2016年05月09日

鳥取県無農薬栽培農家「高木農園」

我が家で消費している野菜の80%は
ままごとや
に参加して知り合った
鳥取県の無農薬栽培農家さんから購入しています。

一度訪ねてみたい!と思っており、
連休中に行ってきました。

高木農園のある南部町はこんなかんじの
田んぼがずーっと続いたのんびりしたところでした。
unnamed-4.jpg

畑の野菜を一緒に収穫させていただいたり、
1T8A5495.jpg
1T8A5499.jpg
料理させていただいたり、
1T8A5523.jpg
おばあちゃんと一緒にお餅をつくらせていただいたり、
unnamed-3.jpg
子育てアドバイスをいただいたり・・・

実家で過ごすような居心地の良さで
3泊4日も滞在させていただきました。

おじいちゃんおばあちゃんも
美鈴さんもご主人も
帰省中だった息子さんも
本当に本当に素敵な方で
帰るときは涙がこみ上げてきました。
1T8A5571.jpg

こんなあたたかな家族がつくっている野菜だもの
美味しいわけです。

木農園で過ごさせていただいて、
おばあちゃんや、美鈴さんから
”母”として、
”女”として、
自分がどう生きていきたいか、
のヒントを得ました。

おばあちゃんは
子どもたちをとても可愛がってくださり、
いつもにこにこ、かわいくて、
働き者で働く事を厭わない、
文句も言わない、
仕事がたくさんあることを喜び、はりきる
そんな方でした。

生活の知恵をたくさん持っていて
まさにおばあちゃん知恵袋。
もっとそばにいて、
色々教えていただきたかったです。

そして美鈴さんは
3人のお子さんを本当に立派に育てられて
子育てに関するお話は
録音したいと思ったほど。

子どもの有り余るエネルギーをよい方向に向ける方法、
高い目標を達成していくための、課題の与え方、
料理できる人に育てるためにどうしていたか、
味覚の育て方、
我が強く、言う事を聞かない子の育て方、
叱るべきか迷った時どうしたか、

などなど、
一緒にお料理しながら台所で聞いたお話は
どのお話もすごく心に響きました。
もっともっとお話うかがいたかったです。
今度子育てで迷ったときは
美鈴さんに相談することに決めました。

母として、女として、
どう生きていったらいいのか?
独身時代には考えた事もなくて。

結婚して、子供が生まれてから、
ロールモデルとなる人だったり、
よい書籍だったりを探しつつ
模索し続けていますが、

高木農園で過ごさせていただいて

日本の昔からの生活や
先祖代々の伝統を
受け継いで暮らしている
女性たちの暮らし方を
もっと知りたい、と思いました。

日本全国各地の
農家を訪ねてみたい
という衝動にかられています。

フットワークは軽めの人間なので
今すぐにでも全国各地を行脚したいところですが、
子どもがいるのでそう気軽には難しい、
でも、機会があればぜひとも
昔ながらの暮らしをしている女性たちを
訪ねてみたい。
です。
posted by risayamashita at 23:05| Comment(0) | オーガニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

続断食日記

<3月15日(火)>
断食9日目に突入。
断食日数がたつごとに、
あまり空腹が気にならなく、身体も軽くなっていたが、
生理2日目、3日目は驚くほどお腹がすいて、身体がだるい
(断食2日目ほどではなかったが)かんじだった。
今更ながら
生理ってかなりエネルギーを使っているんだなー
ということに気づく。
考えてみれば、生命を生み出す、出産のときには
あんなにエネルギーがいるわけで。
生理だって、出産ほどではないにしろ、
身体の中から外へ出て行く活動が行われていて
エネルギー使われるに決まっているし、
疲れやすいに決まっているし
身体は休みなさい、というメッセージを発信している
ということに気づく。
ひとつの生命を生み出す為に
毎月どれだけのエネルギーを注いでいる事か。
改めて女としての自分の身体が愛しく思え
命あることの奇跡に感動した。
それから、目がかすんでいたのがなくなって
すごく目が見えやすくなった。
肌もいつもより潤っている。
身体の各部位に力を入れやすい。
もはや梅干しさえもいらなくなって
食べ物を食べないのが当たり前になっている。
14日間までは断食してよいそうなので
この後身体がどうなっていくのか
ギリギリまで観察してみたいと思っている。

<3月16日(水)>
今日で断食10日目。
花粉症はすっかりよくなり、
目もかゆくなければ、鼻もとおりがいいし、くしゃみさえでなくなった。
耳の聞こえがすごくよくなり、
遠くの音が間近に響いて聞こえる。
風が自分の身体を通り抜けて行くような感覚。
毎朝生まれ変わるような清々しい感覚。
毎日今まで見過ごしてしまってたようなことに気づき
新しい発見があるのが、楽しい。
断食7日目以降は覚醒されてくる、ということでしたが
まさにそんなかんじ。

<3月17日(木)>
曽我部ゆかりさんの母子のための活元会&手当て講座@ほびっと村学校に参加。
断食中だったせいか
活元運動中に、ゆかりさんが背中に手を当ててくださったら
ゆかりさんの氣が全身にスコーーーーン!!と伝わってきました。
自分の身体が空気に溶けたような感覚になり
身体が調整されるべき方向性に
勝手に揺れていたので
心を無にして力を抜いて
ただただその動きに身を任せていました。
ゆかりさんの手が離れてからもしばらく
私の身体に氣が充満しているのを感じました。
今まで、ゆかりさんが手を当ててくださると
あたたかいなあ、気持ちがいいなあ
とは思っていたのですが
今日は、これが”氣”なんだ!
というのをはっきり感じました。
活元運動後はさらに身体が軽くなった感じがします。

<3月19日(土)>
12日間の断食を終え、
今日回復食1日目。
宿便スッキリ大根をいただきました。

74979_987901757955084_1744211806113302564_n.jpg

土鍋でコトコト1時間炊いた無農薬大根と
酵素梅干しをゆっくり時間をかけて
よく噛んでいただいたわけですが。
大根を炊いた汁がなんと甘いこと。
しかし固形物を胃に入れるのが久しぶりすぎて
なかなか食べ進まず・・・
本当にこれはもう”儀式”でした・・・。
スケジュールが許すならばあと二日間
ギリギリまで続けていたい
と思うほど、断食生活は快適でした。
身体の調子はあちこちよくなるわ、
身体は軽いわ、
感覚は研ぎ澄まされるわ、
食べることから解放されて楽だわ、
いいことづくめでした。
今日で断食生活が終わってしまうことが
惜しい・・・!
昨日
「断食終えたら何食べたい?!」
と聞かれましたが
今、胃に何かを入れるイメージが難しく
特に何も食べたくない、
むしろもうしばらく何も食べずに
断食しておきたい、
しいていうならば
具なしの味噌汁かな、というくらいです。
が、しかし、
断食経験者の夫から
「回復食こそが最大の試練」
と聞いているのでここからが本番と思い
引き続き自分を律して
身体をメンテナンスしてゆきます。

<3月20日(日)>
回復食二日目。
朝御飯抜き。
昼御飯に
大根人参里芋のお味噌汁150ml、
塩と醤油で味付けした小豆南瓜3口、
雑穀たっぷりのご飯小さじ1、
あまりに美味しすぎた!
ものすごーい味わって食べた。
満たされたー!
夜は酵素だけ。
身体も軽いままだし、
食べてないからといってだるくもない。
子どもたちと一日多摩川散歩してたため
夕方、空腹感があったけど
12日間の断食で
空腹のときのしのぎ方を習得したので問題なし。
引き続き
砂糖、揚げ物、小麦、動物性たんぱく質は
(↑美味しいものばかり・・・)
しばらく摂取×だそうなので
頑張ります。
posted by risayamashita at 10:01| Comment(0) | オーガニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

続 断食日記

<3月17日(木)>
断食11日目突入。
肌の色がワントーンあがったね、
白くなった
と言われた。
化粧ののりがよい。
肩こりが解消して肩が軽い。

身体の中では、
細胞に溜まったごみタンパク質が綺麗に掃除される
「オートファジー」という働きが
起こっているらしい。

しかも
腸内細菌は、腸入ってきた病原菌や、乳酸菌などを
バクバク食べて栄養を自給自足
しているらしい。

自分の身体のすごさに
驚き感謝感動するばかり。

<3月16日(水)>
今日で断食10日目。
花粉症はすっかりよくなり、
目もかゆくなければ、鼻もとおりがいいし、くしゃみさえでなくなった。
耳の聞こえがすごくよくなり、
遠くの音が間近に響いて聞こえる。
風が自分の身体を通り抜けて行くような感覚。
毎朝生まれ変わるような清々しい感覚。
毎日今まで見過ごしてしまってたようなことに気づき
新しい発見があるのが、楽しい。
断食7日目以降は覚醒されてくる、ということでしたが
まさにそんなかんじ。

<3月15日(月)>
断食9日目に突入。
断食日数がたつごとに、
あまり空腹が気にならなく、身体も軽くなっていたが、
生理2日目、3日目は驚くほどお腹がすいて、身体がだるい
(断食2日目ほどではなかったが)かんじだった。
今更ながら
生理ってかなりエネルギーを使っているんだなー
ということに気づく。
考えてみれば、生命を生み出す、出産のときには
あんなにエネルギーがいるわけで。
生理だって、出産ほどではないにしろ、
身体の中から外へ出て行く活動が行われていて
エネルギー使われるに決まっているし、
疲れやすいに決まっているし
身体は休みなさい、というメッセージを発信している
ということに気づく。
ひとつの生命を生み出す為に
毎月どれだけのエネルギーを注いでいる事か。
改めて女としての自分の身体が愛しく思え
命あることの奇跡に感動した。
それから、目がかすんでいたのがなくなって
すごく目が見えやすくなった。
肌もいつもより潤っている。
身体の各部位に力を入れやすい。
もはや梅干しさえもいらなくなって
食べ物を食べないのが当たり前になっている。
14日間までは断食してよいそうなので
この後身体がどうなっていくのか
ギリギリまで観察してみたいと思っている。


<3月13日(日)>

断食7日目突入。
5日間の予定が、もはやこの生活が楽しすぎて
やめられなくなってしまった笑
14日間は続けてもよいそうなので、もう少し引き延ばすことに。
体重は昨日の夜の時点で-5kg。
昨日生理が始まったのだが
いつも生理の前日から身体が重たく、だるくなったり、
恥骨まわりが多少痛くなったりするのだが
なし!
普段の日のようにはねまわる、
というわけにはいかないけれど
いつもの生理期間中よりは身体が軽い。
断食生活の何が楽って
普段、自分がご飯を食べている途中で
子どもたちが「トイレ」「こぼした」等々で
ご飯を中断せざるを得ないことへのストレス、

家族の残したものを
もったいないから、食べたくないけど食べる
ことへのストレス、
(その度野口晴哉先生の
「胃袋とゴミ箱を間違えている」
という言葉をいつも思い出す・・・)

お腹はすいていなかったけど、
目が食べたくなってしまって食べてしまって
食べ過ぎてしまったときの罪悪感、
から一切解放されていること!
これらが私の精神をそれほど乱していたなんて
今まで気づかなかったけど
自由になってみて気づいた。
日に日にデトックス効果は増していくそうで
まだいつ断食をやめるか決められません〜
posted by risayamashita at 03:59| Comment(0) | オーガニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする