2018年01月05日

逗子海岸からの夕陽

年末は毎年わたしの実家へ。
墓掃除と餅つきをすませて

年越しは夫の実家へ。
おせち料理をしこたま仕込んで
元旦はのんびり過ごし

1月2日には逗子にもどり
家に到着するや否や
薪木を拾って逗子海岸へ。

焼き芋して
実家でもらったウインナーや
骨つき肉を焼いて
おしるこに焼いたお餅を入れて食べて。

夕陽を見ながらのんびり。
4CF5EA0C-94A0-468F-8478-743A311CEE08.jpeg

870A6395-678F-4728-87AB-9D45415AD38C.jpeg

子供たちは海に行くと本当に自由。
7BF7B152-B98F-4B03-91B2-C800CD0C2121.jpeg

なんだろうこの面白い遊び。。。

夫とわたしの実家よりも
海も山も近くて
自然がたくさんある
逗子での暮らしは
改めて
わたしらしくて
心地いいなあと感じました。
1EFCC029-F076-4B33-B2D8-40CC0EC5E685.jpeg
posted by risayamashita at 12:52| Comment(0) | 逗子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魂にとって必要なことしか起きない

あけましておめでとうございます。


昨夜から頭が
悶々としていましたが

今朝、洗濯を干そうと
外に出たら

魂にとって必要なことしか起きない

というメッセージがふってきました。

そうだ
イライラの原因は自分がつくっている。

イライラを感じたければ
感じるための記憶を
思い返すのもいいけれど

それはもったいないんじゃない?

と。

そうだ、わたしは
もっともっと
どんなふうに生きていきたいか

ということに
思いを馳せて

そのための行動をするほうがいい。と気づく

当たり前だけど

頭に血がのぼると
すんなりこう思えないのです。

初詣は
1月3日早朝
鶴岡八幡宮に参拝いたしましたが

そのときに
次女14kgを1時間おんぶ
途中途中三女7kgも同時に抱っこ

なんぞしていたら
身体がガッチガチに固まってしまいまして

プラス
出かける用事がなく
近所で過ごしてたものだから

エネルギーが有り余っていたのか

それはもうわけもわからず
怒り狂う条件が
整ってしまっていたわけです。

そんなときに
怒り狂ってしまう前に

少し一人で散歩でも
できたならよかったですね、今考えれば。

東京都大田区馬込に住んでいた時は
よく一人で脱走していました。。。

発散という意味で
わたしに必要だったのです。

けれどもその代償が大きすぎる。。。

悲しく虚しくなるばかりか
家族の雰囲気も台無し。

だけれども必要だったのだと。

わたしは年末年始
子供たちの世話と家事で疲れてクタクタなので
のんびり休みたいのに休めない

なら、どうしたらいいのか考えればよかっただけなのにね。

常に
清浄心であることで
ことはうまく進みます

とおみくじに書いてあったけど

常にそうあれるよう
今年も一年
自分と向き合い

感じたままに行動して行く

とにかく今まで
お金とか子供とかいろんな理由つけて
行動が鈍く重たかったので

軽くもっと軽く
行動行動行動!

一年にしたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

posted by risayamashita at 12:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

赤ん坊と二人

妹が上三人を実家に連れて行ってくれたので
9ヶ月の三女と二人きり。
9ヶ月の赤ん坊と遊ぶのが楽しすぎて
一日中ほとんど遊んでいた笑

とにかく赤ん坊って何をするのも可愛くて面白い!

9ヶ月ともなると
なんでもわかってて

トイレに触らせれば排泄するし
食卓に座らせたら食べるってわかるし
車のドア開ければ抱っこしてももらえると思ってニコニコするし
歌を歌えば身体を揺らすし

ほんとに楽しすぎ!

今は何を発達させる時期かなあなんて
本を見て確認しながら実験してみたり

願わくば他のことは何もしないで
赤ん坊と遊んで、赤ん坊を研究していたい!
E0F0B10D-B0CA-4C4D-8BF6-71E71C05FEEB.jpeg
posted by risayamashita at 18:58| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学生女子たちへの性教育

性教育は0歳から。

世の中の歪められた情報に出会う前に
子供たちには
大事なことを日常の中で伝えておきたい。

そんな思いから

13歳までに伝えたい女の子の心と体のこと
やまがたてるえ著


これを本棚に加えました。

漫画なのでわかりやすく
一人で読めるから
気になった時自分で読んでもらえていいかな。
と思います。

またこの内容を知ってることで
わたしが普段どんな話をしたらいいのか
ヒントになってとてもよいです^^

これを読んで
わたしもただただ不安だったなあ(>_<)
と思い出したり
段々親との距離が離れていくんだなあ
と寂しくなったり。。

わたしが伝えたいことを
ストレートに聞いてもらえるうちに
手を打ちたいところです。

知識を持つことは
絶対大事だし

それによって
より
自分が女に生まれたことを
楽しむことができるんじゃないかなって思いました。

自分を愛おしく思えるようになり
性をいいイメージで受け止められるようになる本だなあと思います^^
ラベル: 子育て 教育
posted by risayamashita at 10:19| Comment(0) | 女性性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

アレルギーっ子の夢を叶えるレシピ本

インスタ映えしない
素朴で地味ーなおやつをつくるのが
大好きなわたし。

自分へのクリスマスプレゼントは白崎裕子さん最新刊レシピ本♡
(クリスマス待てずに予約購入w)
A55DB2EB-7562-4DCE-A460-B5BDFB039403.jpeg

白崎裕子著
へたおやつ


乳アレルギーの長女にとって
チョコレートがけのケーキや
チョコレートのタルトは
夢のおやつ。

52024224-43CD-4E25-AEAB-DB9758B125CF.jpeg3449410D-2F5F-4C16-BE8A-E617FDD6FADB.jpeg

この本のレシピで
チョコがけしたケーキを
嬉しそうに食べる長女を見て
泣きそうになった(/ _ ; )

アレルギー持ちの子供たちの
夢を叶えてくれる本です。
posted by risayamashita at 16:54| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

離乳食に陶器のお皿を

離乳食のときに重宝するのが
長女が卒園記念につくってくれた陶器のお皿。

ED73D363-115A-4835-AA3F-3E32C6BD6A0E.jpeg

重たくて動きにくいし
浅いから食べ物をつかみやすい。

プラスチックのお皿は割れないけれど
使いません。
木のお皿を使っていたこともあるけど
軽いのですぐにひっくり返ってしまいます。

ひとたび落とせば割れてしまう
陶器のお皿をなぜ使うか。

それはお皿が割れるということを
経験するため。

割れないお皿を使っていれば
扱いが雑でも割れる事はないけれど

お皿は割れると体験していれば
お皿を丁寧に大事に扱う習慣がつくのではないかと思うのです。

おかげで子供たちが
何枚のコップとお茶碗を割って
何本のお箸を噛んで折ったかわからないけれど


それは無駄とは思いません。

五感で本物に触れる経験が
子供たちの感性を育ててくれるはず。

食に限らず、

触れるもの、聴くもの、見るもの、
食べるもの、嗅ぐもの・・・

子供たちの方が、感覚が繊細だからこそ
できるだけ人工的に作られたものではなくて
本物を体験経験する機会を
たくさんつくりたいと思います。
posted by risayamashita at 17:41| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身体を動かせば怒りは鎮まる

土曜は1日家族全員で家中を大掃除。

わたしもキッチンをピッカピカにして
気分爽快!
頑張ったご褒美に
少し1人で外を散歩してこよっかな〜
なんて思って夫に

1人で散歩してきていい?
と聞いたら

え?今からは無理だよ〜

と言われ悲しみに暮れるわたし。。。

ど、どうしてよ?!
1人で近所散歩したいだけなんだよ?!

仕方ない三女おんぶして連れて夕飯の買い物に
ぶらぶら行くことに、
肩は重たいけどまぁ次女がいないからスムーズかな
と買い物ついでにちょろっと遠回りでもして
散歩するかなって思った矢先

次女背負った夫と長男長女が
自転車でついてくる

これまた本当にやめてもらいたい
と思いながらも仕方ない一緒に行く

案の定自分のペースで歩けない

しかも夜道で自転車なんて!

危なっかしい長男を
ひやひやしながら誘導

気持ちも休まらない上に
疲れる

帰宅して息つく間もなく夕飯の支度

わたしがシンクにたまった
鍋や調理道具を洗っている間に
子供たちと夫は一足先に食べ始め

片付け終えてやっと席に着き
わたしが食べ始めた頃には
夫はご飯を食べ終えて

釣りに行っていいかな?

という

まあ前からその予定だったからね、
どうぞ
と言ったものの

わたしは1人で散歩しちゃダメなのに
なぜあなたは釣りに行く?!

完全にブチ切れるわたし。

行ってきますとか言われても無言。

子供たちお風呂に入れて寝かせて

寝たら忘れるかなと思いきや
朝起きてもまだ怒りおさまらず

こんな怒った気持ちでクリスマスイヴを
過ごすなんて嫌だ!

悩んだり怒ったりするのは
これはエネルギーが有り余りすぎてるからだ
身体が凝り固まってるからだ

身体を動かさねば!
身体を緩めなければ!

猛スピードで朝ごはんをつくって
テーブルに並べて
洗濯機を回して

活元運動してから
家を飛び出した!

1人で歩いた歩いた
海に出て、山に登って、
山を降りて、そしてまた登って。

031766F5-7DA3-476F-85F4-A7DC90EE750D.jpeg

その間に二つの神社に参拝!

1時間40分ほど歩いて
9時前に帰宅すると
身体があたたまって
汗だくで喉カラカラ!

初めて歩くルートだったから
たくさんの発見もあって

最高に楽しかった!気分爽快!

これで気持ちよくクリスマス迎えられるーーー!

と思いきや。。。

年賀状用の家族写真を撮ろうって
1週間前から言ってたのに

いざ撮ろうとしたら
夫のカメラ電池切れーーーー

おい!
他の人は撮影するのに
家族は撮る気なしか!
(夫は映像関係の仕事です)

仕事のことで頭がいっぱいで
家族のことなんか
考える余裕は
これっぽっちもないんだなー
と寂しい悲しい気持ちになって
言葉が出てこない、ため息しか出ない。。

でも朝、たーくさん身体を動かしたおかげで
立ち直りも早く
じっとしてると余計に怒りが増すから
車のガラスやボディをきれいに洗って拭いて。

次女三女を夫に託し

長男長女と
フィンランドからきたヘボンセンカ劇団の
劇を見に横須賀へ。

劇は最高に楽しくて
るんるんで帰宅

その後も色々思うところあったけども。。。

やはり大事なのは
いつ何が起こっても
自分の気持ちを穏やかにすることで
事はうまく進むのだと。

そしてそのためには
頭で考えてもだめで
身体を動かして
頭を空っぽにして

天に全てを任せて受け入れる覚悟でいる
ほうがいいってこと。

99094926-605A-4932-8CCA-D83BFCEC46D6.jpeg

心乱れる週末だったけど
身体をたくさん動かして
自然の中にいけば
いつもの自分を取り戻せる。

その気づきがわたしにとっての
クリスマスプレゼントだったかな。
posted by risayamashita at 07:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

オーブン仕事

寒いので
ついつい
手があくと
オーブンで何か焼くか
蒸すかの
おやつづくりをしてしまいます笑

最近つくったおやつ

シュークリーム
おしるこ
チョコカスタードバナナクレープ
ココアシフォンケーキ
ゆずシフォンケーキ
豆乳ヨーグルトチーズ蒸しパン
蒸しまんじゅう
ねりごまクッキー
玄米粉バナナケーキ
スイートポテト
かぼちゃプリン
ドーナッツ
サツマイモパウンドケーキ

今月も色々つくったなあ。。
でもいつも写真を撮れないまま
インスタ更新しないまま〜

というのもわたしがつくるものって
本当に素朴で素朴で
ぜんっぜんインスタ映えしない!!!

でも子供たちの笑顔が見れるからよし笑

この前幼稚園母たちと
集まって綿菓子つくったりクレープつくったり
みんなで持ち寄ったお菓子を食べて遊んで

な会に行ったのですが

長女乳アレルギーで
みんなと同じクレープ食べられないので

つくっていかなきゃ!と思い

朝、
次女おくり
長男おくり、
幼稚園コーラス参加
打ち上げパスして
帰宅
クレープ生地作り
次女迎えに行き
急いで帰宅して
クレープ焼き
長女と友達ピックアップして
会場へ〜

打ち上げとか参加するよりも
長女が美味しそうに幸せそうに
クレープを食べる姿を見るほうが
わたしにとって幸せなことだったから。

長女はたいそう喜んで

ママありがとう!!
とご満悦。

自分だけのためにつくられた
玄米粉クレープに
たーっぷりのチョコカスタードと
バナナをのせて
ほうばっておりました。

これまたいつも子供たちの写真もとれない。
だって本物をゆっくり観察して味わいたいから。

きっともう何年か経ったら
こんな幸せな顔も
思い出すことはできない。

でもわたしは今この瞬間に
身体中で目の前の子供たちの
幸せな表情声心の振動を全力で受け取れて
満足だからいいの。

クリスマスのごちそうは何にしようかな?

やっぱりわたしは
キッチンにいるのが好きみたい。
posted by risayamashita at 06:32| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

拾った素材でクリスマスのリースとツリー

子供たちと一緒に、拾った素材でリースとツリーづくり。

IMG_5389.JPG

近所の山や庭や旅行先や実家の周辺で
散歩しては拾ったもの、
発表会でいただいた花束に入ってたものなど
を集めて飾ったので
お金はかかってないけれど、
買ったものより愛着が。

IMG_5388.JPG

幼稚園に行ったら
先生と子供たちがこのツリーをつくってたので
うちでもつくってみました。

子供たちのお気に入りは
これまで使い道がなかった
キラキラの毛糸と
小枝でつくった
雪の結晶なんだって。

さてツリーのてっぺんの星は何で作ろうかな。
posted by risayamashita at 11:12| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

子供が教えてくれる夫婦の問題

先日近所を散歩していたら
ある子育て関連の講演会のチラシを配っていた女性に話しかけられた。

どんな講演会か詳細が書いてなかったので
どんな先生の講演会かと質問すると
その方は自分の夫婦関係、親子関係が
その先生のおかげでいかによくなったかを聞かせてくれた

わけだが。

その方は夫婦の
価値観の違いに気づかないまま
コミュニケーション不足により
互いに不満をためあっていた。

子供は友達と
全くコミュニケーションがとれないなど
色々な問題があったと、

しかし夫婦関係がよくなると
子供の問題も消えた

夫婦の問題を
子供が見せてくれていたんだ
と。

まさに、
子供は夫婦の問題を
浮き彫りにして教えてくれる、
まさにその通りですよね、
と心の中で相槌をうつわたし。

わたしが一番今悩んでいることは

2歳次女が
相手の状況を気にせず自分の言いたいことを言って
やりたいことをやって
人をなんとしても自分に協力させてしまう
ことなのですが、

ま、まさにそれはわたしができなくて
悩んでいることそのもの、なのですよ。。。

自分がそうできたら
次女のその行動に
イライラしてしまったり問題だと思ったら
しないのでしょう。

そんな子供っぽい自分は嫌だ
と思ってしまう自分がいるのですよね。

でもどう?
子供っぽい自分隠して
否定して生きていきたい?
答えはNO!

そんな自分も丸ごと愛したい!

でもね、
駄々をこねるほど
そんなにやりたいことがなかった
気がするけど?

我慢や諦めが当たり前になりすぎて
麻痺してるだけ?

我慢したり諦めたりするのはとても簡単だけど
本音を言ってみる
ってわたしにとってはとってもこわい。
相手を不快にさせるんじゃないか?
自分にとっても不利益なことなんじゃないか?
って。結局自分に自信がないんだな。

近々チャンスがあったら
夫に駄々をこねてみよう笑

そんな自分を開拓してみたい。

そしたら次女にどんな想いが湧くだろう。

なんか楽しみですね。笑
posted by risayamashita at 18:50| Comment(0) | パートナーシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする