2017年05月27日

子供に食べさせたい手作りおやつ

やっとおやつをつくれるくらいに
身体も心も回復してきました。

今月つくったおやつは

・味噌焼きおにぎり
・ブルーベリーと水切り豆乳ヨーグルトのアイスクリーム
・バナナと豆腐の玄米粉ケーキ
・キャロブときな粉のケーキ
・きな粉飴
・のり塩クラッカー
・アスパラとツナの豆乳ヨーグルトチーズをのせたピザ
・オレンジゼリー
・花豆の甘煮
・炒め玉ねぎマフィン
・甘酒アイスクリーム
・クミンのスコーン
・ブルーベリーとラズベリーのピンクの玄米粉ケーキ(紅麹でピンクにした)
・玄米粉の抹茶クッキー
・塩むすび
・納豆巻き

振り返ってみると、
色々つくりました。

いつも写真を撮りたいけど
とるまえに食べられてなくなる。泣

つくれない間のおやつは

お友達からいただいたり
祖父母から送ってもらったりした

かりんとう、おせんべい、
ポン菓子、クッキー、ボーロなど
だったのですが

長男長女は
おやつの時間
お腹がすいていて

おせんべい1枚
とか
クッキー3つ
とか
では全然たりない!

で、
甘いものでお腹を満たすのは
考えもの。

特に市販のお菓子に使用されている白砂糖をいただくと
血糖値がグンとあがって
すぐ下がって
また甘いものがほしくなる、

でひどくなると
低血糖とかになる、

身体が冷える、
虫歯の原因になる、

ということでうちでは

お腹空いているなら
おにぎりを食べる。

というルール。

だけど
おにぎりだけ
だと長男長女の激しいブーイング。

なので
お砂糖なしでいかに
子供たちが心もお腹も
満たされるおやつをつくるか
が毎日の課題!

昨日はおやつをつくる気力がなくて
煮干しと昆布をおいておいたら
喜んで食べてた。

あと炒り豆とか甘栗とかドライフルーツとかも楽ちん。

おやつレパートリー
どんどん増やして
いつか
子供に食べさせたいおやつ教室
を開催したいと思ってます。
posted by risayamashita at 19:21| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校給食のアレルギー対応

重度の乳アレルギーの小1長女は
毎日お弁当を持参している。

入学説明会の時に
栄養士さんに
アレルギーのことを相談したところ

重度の場合は一度個人面談を。

ということで

校長先生、教頭先生、
養護教諭、栄養士さんの4人と
個人面談。

調理道具についた微量な乳製品や
調理中のコンタミネーションまでは
避けることが難しい。

ということで心配あるため
給食の除去食対応ではなく

給食を食べずに
お弁当を毎日持参することに。

(ということで毎朝5個弁当つくってます。
おかずをズラっと並べて
弁当を詰める様は
まさに弁当屋さん)

また、牛乳パックは
飲み終わったら各自開いて
水道で洗って回収しているそうなのだが

長女のクラスは
牛乳パックを開かずそのまま回収、

牛乳が溢れた場合は
即刻雑巾で拭くように、
と担任の先生から
指導があったそう。

遠足も
万が一お菓子交換で
間違って乳製品の混入した
お菓子を食べてしまってはいけない
ということで

学年全体で
お菓子交換なしに。

担任の先生が
学年懇談会で
保護者の方々にも
伝えてくださったとのこと。
(わたしは産褥期だったため欠席)

給食が
小学校生活での
一番の心配事項だったので

先生はじめみなみなさまのおかげで
安心して学校に通えることを
心から感謝。

でも給食献立を見ると
美味しそうなメニューが
たーくさん。

できるだけあわせてあげたいけど
毎日あわせるわけにもいかず。

コロッケとかトンカツとか
給食がいいなあと思う日もあるのではないかと思って心配していたが

先日わたしの母が
長女と一緒に出かけたときに

給食食べてみたい?
と聞いたらしい。

そうしたら
長女は

ううん、全然〜
(↑全然食べたいと思わない、という意味)
みゆうちゃんのお弁当いいなあ、お弁当食べたい、と
友達に言われたことはあるけどね。

と言ったそうだ。

そういえば
幼稚園の遠足も
みんなはソフトクリームを食べるけど
長女は食べられないから
特別なおやつ持参してよいことに。

わたしは長女が大好きな
苺のプリン、バナナマフィン、きな粉飴、クッキー
入れてあげたところ

みんながソフトクリームを食べているとき
苺のプリンを食べた、

そうしたら見ていたお友達が
帰宅してお母さんに
みゆうが美味しそうなピンクのデザートを持ってきていた!
と報告したとのこと。
(わたしはそのお母さんから聞いた)

長女は
弁当に自分の好きなおかずが入っているからか
今のところ特段給食を食べたがらないので
一安心。

まあ自分で言うのもなんだけども

わたしがつくったお弁当、
豪華だもん!美味しいもん!笑

長女が高校卒業するまであと・・・10年?!
まだまだ弁当屋さんは続く。笑

ある日のお弁当↓

味噌漬けの豚ロース
ゆで卵
ハートと花の人参
花豆の甘煮
ちりめんじゃこと大根の葉のふりかけ
雑穀と五分づき米
IMG_3667.JPG
posted by risayamashita at 15:53| Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2歳2ヶ月次女の実験研究

IMG_3656.JPG
最近、2歳2ヶ月の次女の
実験研究に絶句する毎日。。

ちょっと目を離した隙に

着ていた服を脱いで洗濯
(家の洗面所でも、公園でも)、

靴クリームを自分の髪の毛になでつける、

小1長女の朝顔の種を床に撒き散らす、

小1長女の飾っていた瓶の中の
水色の砂と綺麗な貝を撒き散らす、

洗面所に水をためてお風呂にして周りを水浸しにする、

トイレを何度も流して
手を洗うところから水をはねさせ、
トイレを水浸しにする、

小1長女の新品の絵の具セットから
藍色の絵の具を取り出し
両手両足顔床廊下を
藍色絵の具でベタベタにする、

2ヶ月の次女の口をおさえる、
馬乗りになる、頭を噛む、顔を舐める

などなど。

見張ってないと何をしでかすかわからず

大物の証拠だと思うのですが
母さんは気が休まりません。

こちらから見たら
いたずら

と思ってしまいますが

彼女は大真面目に
実験研究中。

つい
こらー!
とか大きな声を出してしまうけど

本人は悪いことをしたなんて
全く思ってなさそうだし、

命が危険にさらされるような
危ないこと以外は
仕方ない
これも彼女にとって
何かの学びになってるはず、
と諦め、黙って片付け。

とりあえず最近いつも裸。
家の中や海はもちろん
公園だろうが
道路だろうが
関係ない。

一度脱いだら
可愛いから着ようかとか
とにかく着なさいとか
なんとか言っても
着ない。

雨の日散歩したら

まずは暑いとカッパを脱ぎ、
濡れたと言ってTシャツを脱ぎ、

通りがかったおばさんが
心配して傘を貸してくれたが

すぐに邪魔だといって傘も手放し、

最後は靴さえも脱いで
帰宅。

さあ来週は何をやらかすだろうか。
posted by risayamashita at 15:28| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝断食の後は

IMG_3655.JPG
今週末は夫が長男長女次女連れて
キャンプへ行ってくれたので
三女と二人きり。

朝からヨガに行って
その後遠出する予定だったけど

ヨガに行ったら
身体がいい感じに緩んで
出かける気にならなかったので
予定変更。

帰宅して
のんびりサラダをつくりました。

ヨガや整体の日は
朝ごはんをいただかないことにしていて
一食抜いたとき
初めて口にしたいものは
なぜかいつも
生野菜いっぱいのサラダ。

子供たちがいないので
子供たちが絶対に食べない組み合わせにして自分を満たしました。

花豆のバルサミコピクルス、
紫玉ねぎのリンゴ酢ピクルス、
塩麹味蒸し鷄、
塩で揉んだきゅうり、
高木農園の無農薬レタス

組み合わせて
ホワイト、ブラック、ピンクペッパーを
ひきかけたら
最高。

これに、主食は
劉さんの雑穀。

古代種でモチ種でかつ無農薬の雑穀。

いつもいただいてる
5分づきの米も混ぜずに。

よーーく噛んで味わっていただきました。

ものすごーく満足!

丁寧につくったごはんを
ゆっくり味わって食べるって、
満たされるー!
ありがとうございました。

これを15時にいただいたので
今日は一食で過ごします。

posted by risayamashita at 15:08| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

季節を感じる暮らし

IMG_3560.JPG
長女が母の日の次の日に
お母さんありがとう。
野原で摘んだ花をプレゼントしてくれました。

最近は近所の桑の実が
ちょうど黒くなって食べ頃。
IMG_3615.JPG

3人で協力しあって
もいで食べています。

庭では可愛い紫陽花さんが。
IMG_3651.JPG

うちの庭、
季節ごとにいろんな花が咲きます。

9月に引っ越してきたのですが

ユリ、
キンモクセイ、
モミジ、
ユキノシタ、
サザンカ、
ツバキ、
スイセン、
ウメ、
紫ツツジ、
ドウダンツツジ、
ツツジ、
サツキ、
エゴノキ、
アジサイ、

さあこれからどんな花が咲くでしょう。

リビングから毎日庭を眺めると
日に日に植物たちの
芽が伸び、
葉が広がる様子が見えます。

庭を観察するのが
暮らしの中のひとつの楽しみ。

東京に住んでいたときには
庭がなかったし
近所に植物があまりなかったから
毎日景色はほとんど変わらなかったのですが

こちらは
春になったら
みるみるうちに山の色が
深緑から黄緑色に変わって

冬、森は空が見えて明るかったのに、
3月から5月までに
一気に植物が伸びて
緑の天井とでも言えばいいのか
視界がとにかく緑!になりました。

季節の移り変わる様子を
毎日肌で感じることができる
逗子での生活は
本当に豊かだなあと感じます。
posted by risayamashita at 14:20| Comment(0) | 逗子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

モノを捨てる

9月に引っ越して来てから
手付かずだったキッチンを
いい加減片付けようと思い立ち。

お友達の
整理収納アドバイザーの
みきちゃん
に相談。

キッチンを片付けようと思う、
と言ったら

広すぎる。
まずキッチンのどこ?

といわれ
オーブン下とワゴンとシンク下
と答えたら

多過ぎる

と言われ

まずはオーブン下から始めることに。

最初は片付ける範囲を小さくすることで
達成感得られるとのことで開始。

なぜ今まで片付けが
嫌だったのかなど聞かれたので

どう収納したらいいかわからない
時間がかかって面倒

などと片付けがすすまない理由あげていったら

とにかく
モノを減らす
のが先決と。

モノが少なければ
収納なんてほとんど考える必要ない。

ということで

使用頻度が少ないもの
代用できるもの
どんどんオーブン下とワゴンから消し去った。

使用頻度が高くて
常に使用するものだけをキッチンに
取り揃えられる日がくるまでがんばる!

モノが少なければ

モノを管理したり
掃除したり
探したりする時間が減って
快適!

ということに気づき
なんだか最近片付けが楽しい。

(なのに夫が
週1回使うか使わないかくらいの
コーヒーグッズや
一年に3回使うか使わないかくらいの
キャンプ用のグラスを
ふやしていた!


posted by risayamashita at 12:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

小1長女の才能

IMG_3521.JPG
春から小学校一年生になった長女。

家に帰宅するなり
ランドセルから
図書室で借りてきたという本をとり出してきて

その本を手本に
ひたすら
1時間以上
絵を描いていた。

どんな絵を描いてるのかなあ
とのぞいたら

写真のような絵が描いてあった。

顔の向きといい、
表情といい、
仕草といい、
色の塗り方といい、

わたしにはとても真似できない。

好きなことに熱中することは
素晴らしいことだなあとつくづく。

好きなことに集中できる環境づくりとして

うちには
アトリエ
という部屋がある。

まだ整備中だが
早くそこでひたすら集中して
絵を描いたり木工したり裁縫したり
できるようにしたい。

また、長女は絵を描くのが好きだけど
わたしは教えられないし
造形には通いたくない
というので

絵本を手本に絵を描けるように

手本になりそうな本を購入したり

お母さん本が大好きなんだ、
一緒に本読みたいから
図書室で本を借りてきて!

と声をかけたりしている。

特技があると
お友達とも交流がうまれるようだ。

キャラクターの絵や
動物の絵を
描いて欲しい

と友達に頼まれ
描いてあげているようだ。

わたしは
勉強ばかりが大事と勘違いしていて
小学校のときから

楽しいこと好きなこと
友達と遊ぶこと
を疎かにしてきたから

子供たちには
ぜひとも自分の大好きなことに
熱中しまくってほしいと心から思う。
posted by risayamashita at 11:19| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨でも外で

IMG_3530.JPG
土曜日。

パパと遊ぶと張り切っていた子供たちも
空を見てがっかり。

晴れていたらタコでも釣りに行くか、なんて言っていたのに

朝から強い雨が降っていた。

しかし夫が
何やらアウトドアで使用する
テーブルをつくるので
ノコギリやヤスリを使ったり
塗装したりしたい

どこでやったらいいだろうな?

と言い出したので

オールウェザーブランケットをはって屋根にして外でやったらいいじゃない。
プレーパークでは雨でも屋根つくって
焚き火も木工もしてたわよ。

と言ったら
本当に庭に屋根をつくって
木工し始めた。

子供たち
もちろん大喜び。

大雨で風もあって寒いのに
レインコート着込んで長靴履いて
庭へ出ていった。

子供って雨の日が好きね。

逆に晴れの日よりも楽しんでいたくらい。

屋根から落ちてくる雫を
鍋やバケツでうけて
水を溜めたり

鍋やバケツを裏返して楽器にしたり

レインコートを脱いで
雨に濡れてみたり。

やりたい放題。

びしょびしょになって寒くなったら
暖かいお風呂へ。

雨の庭で一日楽しく過ごしました。
posted by risayamashita at 11:07| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

飴のかわりに梅干しの種

お煎餅以外のお菓子は
ほとんど買うことないわたしですが、

子供たちはもちろん、
友達が食べている
いろんなお菓子を食べたがる。

中でも色鮮やかな
というものには
憧れるようだ。

しかし、白砂糖は
身体を冷やし
血糖値を急激にあげ
(その後急激に下がってまた欲しくなる)
虫歯の原因にもなるし
極力子供たちに与えたくない。

ということで
特に飴については
3歳までは食べない。

3歳以上は特別な行事などで
いただいた場合
ありがたくいただく。

というルール
(子供たちに伝えてないけど
自分の中でそう決めている)
にしている。

長男長女はそれでよかったのだけど
問題は2歳次女。

長男長女が行事でもらってきた飴を食べていると
もちろん次女も欲しがる。

そんな時どうするかというと

飴のかわりに
梅干しの種。笑

喜んで梅干しの種を
なめたがる。

IMG_3523.JPG
または
質のいい海塩を
ちょびっとなめさせる。

これも喜ぶ。笑

白砂糖の甘い味を経験するのは
できるだけ先延ばししたいもの。

だからといって
ダメダメ言って

食べられるようになったときに
欠乏感でドカ食い
というのもおかしい。

欲しい
という気持ちにうまく
こたえ満足できるように工夫するのが
わたしの役目なのだと思う。

posted by risayamashita at 09:13| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

産後の身体メンテナンス

先日、ここ3年程通っている
野口整体のT先生の相模原指導室へ。

産後、頭痛と腰痛がひどいんです、
と相談したところ

産後は目に強い日差しが当たるなど
目に刺激がくると
首にくるんです。

首は冷やさないように何か巻いておいてください。
外へ出るときは帽子なんかかぶるといいですね。
サングラスなんかかけなくてもいいから
帽子だけでだいぶ違いますよ。

まだ子宮がもとに戻りきっていませんからね〜
6週間たつとだいぶ力がでてくると思います。
無理しないで休んでください。
大丈夫ですよ〜

と。

そういうちょっとしたアドバイスが
いつも的確でやってみるとそのとおりで
面白い。

それにしても産後の身体というのは
あちこち痛い。

首肩腕手首足・・・
あげるときりがない。

例によって
ちつのトリセツ

の方法で
毎日全身をくまなくさわったり
見たりするようになったおかげで
調子が悪そうな場所が

気になる。

6年前、
長女の産後通っていた
マドレボニータ産後ケアクラス

股の血行が悪くなると黒ずむ
股は大事だ
みたいなことをすごく言われたのだけど

まさに。

毎日1日10回以上オムツ替えで
ぽってりぷっくりした赤ちゃんのおしりを見ている私は

つい比較してしまうわけだけど

乾燥してしわくちゃな自分を見ると
自分をいたわらずにはおれない。笑

恥ずかしながら長女を妊娠するまで
自分の穴がどこにあるかも知らず
見た事もほとんどなく
触った事もなかった自分は

まさにこの本に書かれているとおり
自分をほったらかしていた!

現状を知った今、
メンテナンスの必要性を切に感じます泣

これを機にもっともっと
自分をいたわり、大切にし、愛おしんでいきたい。

年始に決めた私の今年のテーマ
自愛!
posted by risayamashita at 11:19| Comment(0) | 出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする