2018年02月28日

卒乳は10ヶ月

2月半ば。ついに三女卒乳。

色々とデータあって
2歳まで母乳を積極的にあげたほうがよい
とか言われますが
わたしは野口晴哉先生流で
10ヶ月で卒乳。

ちょうどいい時期に
夫が一週間仕事でドイツへ行っていたので
今がチャンス!
(夜中に泣いても
うるさいから早くおっぱいをあげて
とか言われる心配がない)
とばかりに
一週間かけて徐々に授乳回数減らし
(といってももう夜しか授乳していなかった)
あっさり卒乳。

現在2歳の次女も11ヶ月で卒乳しましたが

そもそも最初から
10ヶ月卒乳を目指して
離乳食をすすめてきたので

ご飯をモリモリ食べて母乳が必要なくなった。

その後も次女は
身体が丈夫で
家族全員が熱を出しても
次女だけは元気。
体力もあって山は駆け回っているので
問題なし。

10ヶ月で卒乳すると
わたしも夜中に起こされることがなくなって一晩中寝れるし
とにかく互いの未練がないので
卒乳がものすごくスムーズ。

本当に可愛くて
幸せな思い出がたくさんの
授乳期間でした。

おっぱい飲んでた姿
可愛かったなあ。
もうこれから
わたしと段々離れていくんだなあ。

涙。

幸せをいっぱいありがとう。
赤ちゃんの世話って最高に幸せ!
posted by Early bird at 06:00| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お話会

妊娠出産育児パートナーシップ
に関するお話会を開催します。

3/3(土)
10時から
東京都大田区池上の蓮月というカフェにて

女性限定
ブログ、SNSでは発信できない
オフレコトーク満載!
の予定のため
夫と子供は同伴不可です。

定員7名
※定員に達したため募集締め切りました

この内容で話すのもすごく楽しみだし
久々に大田区のメンバーと
お会いできるのも楽しみです♡

既に第2弾のリクエストがきているので
今回盛り上がったらまたやるかもしれません〜

楽しみです^^
posted by Early bird at 05:57| Comment(0) | ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

子供を信じて見守る

子供を信じて見守る

わたしは子供たちの喧嘩には
ほとんど口を挟みません。

たぶん子供たちにとっては頼りなくて役に立たなくて意地悪な母さん。

子供の喧嘩には口を挟まないし、
わたしに言いに来ても
へー。そっかー。じゃあどうしたい?どうしようか?
しか言わないから。

うちの子供はわかってるからわたしのところに言いに来ません。

大人の過干渉が子供の成長の芽を摘んでしまうんだよ!

って大田区に住んでいたときに
ある保育園の先生に
叱られたことがありますが、

子供たちのやりとりを
ただ見守っていると

子供たちは子供同士で
解決できる力があります!
考える力あります!
人を動かす力あります!
誰もが納得するいいアイディア出せる力あります!

実は先日

トラブルがあったときに
わたしに
誰々が何々した!と言いに来たり、

わたしが介入して解決してくれるように一生懸命訴えて来たり
する子がいました。

泣くといつも周りの大人が解決してくれてるのかもしれません。

でもね、わたしは絶対手を貸してやらないよ!
自分たちで解決できる力があなたにはあるから!
自分の力で自分の心地いい場をつくることはできるんだよ!

と心で思い、
そっかー。わたしは見てなかったから
みんなで話し合ってね。
と遠巻きに見ておきました。

その時は時間もなくて
本人は納得いかない様子のまま帰ってしまいました。

でも、出来るだけ小さいうちから
トレーニング必要だと思います。
問題解決能力(←と呼ぶのかな?)

長女には過干渉過ぎてるなあといつも反省。。
posted by Early bird at 17:22| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

卒園シーズンの歌で号泣

今日は幼稚園のコーラスのサークルで
卒園式の歌、思い出のアルバム、友達はいいもんだ
を練習したら、涙が止まらなくなって困った。

みんなが泣いててつられたというのもあるけど、

一年半前、片道1時間かけて
0歳、2歳、4歳を引き連れて
週5日通った羽根木プレーパークにて、
逗子引越し前、自主保育活動参加最終日に
自主保育の仲間が
わたしたちを囲んで
「みんなはくまべのために、くまべはみんなのために、みんなはくまべのために、くまべのために」
と歌ってくれた
(友達はいいもんだ の 歌詞
みんなはひとりのために
ひとりはみんなのために
を替え歌)
のを思い出してしまったから。

小学校に入ると

手から砂が落ちるように

一緒に過ごす時間も
お母さん同士の関係性も

一気に少なくなってしまう。

二度と取り戻すことのできない
大切な時間を
悔いなく過ごしたい。
posted by Early bird at 09:44| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

苺をたくさんもらったら

苺をたくさんいただいたので
迷わず苺タルトをつくりました。

DB337D9D-8473-4379-9345-7EF51D91114F.jpeg

普段はインスタ映えしない
地味ーーなおやつばかりですが笑

季節の食材を扱うのは
とても幸せな気持ちです。
posted by Early bird at 16:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分らしい妊娠出産育児

妊娠したということで
お友達から連絡もらい

子供たち四人引き連れて
逗子海岸にて5年ぶりの再会。

妊娠前、妊娠中の身体づくり
食べ物、寝る時間、体力づくり、
会陰、股周り、おっぱい周りの
コリのほぐし方マッサージの重要性
とそのやり方、
胎児との対話の仕方

いかにして【自らの手で】
幸せで満たされたストレスのない
お産の場を準備することが
重要か、そしてその後の
育児にどう影響するのか

いかに陣痛とお産が
人生最高の達成感を感じられる
経験なのかってこと、

産後の身体がどうなるか
サポートの必要性、
歳をとるほどに戻りづらくなること、

産後身体が戻るまでに
半年以上かかること
その間の身体のケアの仕方

妊娠中から
産後のサポート体制の準備の仕方

夫との関係性の変化、
一年以上かけてパパはパパになること
歩き始めるまでは
赤ちゃんの世話よりも
自分のサポートをしてもらうこと、

などなど

現在6歳の長女妊娠中と産後は
両親との不和から始まり
妊娠中は不安で仕方なかったし、
切迫早産、産後大出血、
産後クライシス鬱寸前、
長女のアトピー、食物アレルギー、
自分の心身の不調、
近所にも友達0、
同世代の友達はほとんど誰も結婚してもなければ子供もいない、
自信喪失しまくり、
悩みとトラブルの嵐!!!

だったので

わたしが妊娠中
誰にも教えてもらえなかったけど
教えて欲しかったこと
知ってたらもっと楽しめたのに!
ってこと

力説していたら
あっという間に4時間・・・

育児に関しては
まだまだ話があるけど
それはまた生まれたらね、
ってことで。

これは、
本当になにか講座ができるかもしれない笑

妊娠出産育児を通して
新しい自分と出会い
周りの人と新しい関係性を築き
新しい世界が広がっていくことへの
ワクワク感がもってもらえたら
すごくいいなあと思います^^

わたしの熱苦しい話を聞いてくださり
ありがとうございました♡♡
ラベル:育児 出産 妊娠
posted by Early bird at 16:19| Comment(0) | 出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

0歳からトイレで排泄


赤ちゃんも排泄するタイミングって
私たちとだいたいおんなじ。

ご飯を食べたあとや、
飲み物を飲んだあと、
帰宅した時、
寝て起きた時、など。

布オムツをスルッと外して
トイレに座らせます。

だから外しやすくて
はかせやすい
オムツカバーが重宝!

88C6B2CA-8000-4557-8C8E-62DF0D32BD94.jpeg

大は特に出そうなタイミングが
わかりやすいので簡単。

だいたいいつも同じ姿勢でするし
踏ん張り始めたら
すぐにトイレに連れて行って
座らせれば

お尻もオムツも汚れません^^

兄姉がトイレで排泄する
姿も見ているし
何度もトイレに座らせていると

トイレに座ったら
踏ん張るし、
出なければ
今は出ないよ
って合図で教えてくれます。

トイレに排泄した時は、
ゲーム感覚の楽しさと
赤ちゃんとのコミュニケーションが
とれたことへの嬉しさがあって

赤ちゃんがオムツより
トイレにする方が気持ちがいい
とか
布オムツを洗う枚数が減る
とか
ひいてははやくオムツが必要なくなる
いうこともメリットとしてあるけれど

何よりわたしが
楽しい!!

かつて、6歳長女は、3歳過ぎまで
オムツが手放せず
どうしたらいいものか
ものすごく悩んだわたしですが、

長男が1歳の時に
固定観念をぶち壊してくれた
方がいて、

排泄の世話がかなり
楽しくなりました^^

ちなみに三女は
大はほぼ毎日トイレに!

年齢によって
ポイントがあるけど
一貫して言えることは
子供が

尿意や便意を感じて
トイレにいって
服を脱いで
座って
排泄して
綺麗にして
また服を着て

という一連の作業を
一人でする
にあたり

今子供が自分でできる
最大限のことを
子供がやり

今わたしがすべき
最小限のサポートする

ということなんだと思います。

排泄に限らず全てだということに
今書いてて気づいたのですが。
posted by Early bird at 17:12| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

長女のスリッパ

長女が足が寒いといって
スリッパを欲しがったので
わたしの着なくなった
エプロンとハーフパンツで
スリッパを縫った。

8D13646B-7F26-4F52-AED7-C68770A3FFCB.jpeg

次女のズボンのお尻が
破けたのでなおしたり

三女のリュックにつける
名札を刺繍したり

長男のカバンにつける
車のワッペンを刺繍したり

最近縫い物ブーム。
posted by Early bird at 11:17| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

人生を豊かにしてくれるのは仲間だ

今日は大田区で
一緒に活動していた仲間の
プレゼンテーションを聞きに
日本橋公会堂へ。

保育関連の夢を語る
プレゼンテーション大会で

プレゼンターは
保育士さんたちが多かった。

大田区で一緒に活動していた
どろんこサークルの仲間の
ご夫婦は

数年後
夫婦で保育園を開園する
という夢を10分間でプレゼン。

プレゼン資料に使用されていた
写真たちは
どろんこの子供たちで

イメージ園舎として出てきた写真も
一緒に合宿しに行った場所。

みんなの姿、
この素晴らしいご夫婦と
その子供たちの成長、
そしてこの家族の愛に
なんかもううまく言葉にできないけど
感動感動しまくり
涙止まりませんでした。

大田区で
本当に奇跡の素晴らしい仲間に恵まれて
今もこうして応援しあえる関係性で
いられることが嬉しくて
感動で。。

プレゼンテーション終わって
花を持って声をかけに行ったら

りすちゃんがいたから
ここまでこれたよ

って言われて
もう号泣も号泣

とにかくもう今日は
泣きすぎて頭が痛い。

こんな出会いがなければ
こんな感情は
起きることがなかったわけで、

やっぱり間違いなく
人間関係がこの人生を
豊かにしてくれてるんだって
思ったのでした。

もうとりあえず今日は
泣きすぎて
理由が言葉にならないので
余韻に浸りながら寝てゆっくりしようと思います。

わたしは本当に幸せです。
posted by Early bird at 21:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

周りの人たちの愛で生かされていた

1月下旬、気分が相当落ちて落ちて

友達つくるの苦手だし
やりたいことをやろうと決めたのにできないし
考えてるだけで全然行動できないし
怒ってばかりで理性働かないし

わたしなんか本当に
この世に必要ない人間なんじゃないか?!

とか考えるほど
底の底まで落ちに落ち

ついに2月1日木曜日
天赦日と一粒万倍日が
重なる最高にいい日に

ここ最近で最大の
よくない事件を起こしたわたし。

葉山のとある道路に
ぽつんと取り残され
帰る手段なし

のところを
何人もの
自主保育の仲間が
助けてくれた。

そして
落ちるところまで落ちたから
これで終わり!
ってことだね!

あとは上がって行くだけだね!

と声をかけてもらい

その日一日みんなにお世話になり
事後もいろんなものを
貸してくれたりなんだり
手を貸してくれ。

みんなの優しさが身にしみて
涙した。

子供たちは帰ってくると
お母さんを
なぐさめてくれ

夫には
優しい言葉しかかけないで
と伝えたら
ちゃんとそうしてくれて

そのあといろんな協力をしてくれている。

わたしは
こんなたくさんの人たちの
愛のおかげで生きてたんだ、

一生懸命
できるだけ誰にも世話にならずに
生きていこうと頑張っていたけど

それこそが
なんと傲慢な考え方をしていたことか。

助けてもらわないと
どうにもならない状況に
追い込まれて初めて

周りの人のおかげさまで
宇宙に生かされていることに
気づく。

なんだか目の前で起こっている出来事が
ありがたく愛おしく感動で奇跡の連続に見える。

子供たちのやりとりを見ながら
自然と涙が流れる。

わたしに必要な経験だったと知る。

明らかにあの後
わたしの気持ちが
違う方向に回り始めた。

そのときは
怖くて悲しくて地の底まで凹んだけれど
日に日にそれはまさに
天赦日、一粒万倍の日に
わたしのために
起こるべくして起こったんだなと思う。

その日、家に帰って来て
洗濯を取り込みながら
思い出して大きなため息をついて
身体の力が
全部抜けてしまった。

でも
一見マイナスな出来事が起こったけれど
これは

ラッキーなんだ
ツイてるんだ

と一瞬だけだけど
思うことができたんだよね。

きっと事は良い方向に向かって
進んでいくはず。と。

一方で
まさかね。
そんなわけは。
こんなひどいことをしてしまったのだから。

と思う自分もいたのだけどね。

けれど、
その後結果的には
良い方向に向かって進んでくれている。

気持ちが落ちた時に
気持ちを無理にあげようなんて
思わないことにしよう。

その感情を感じ切ることに集中しよう。

でも
これはラッキーなんだと
一瞬でも思えるか思えないかが
その後の展開に影響するんじゃないか。

しばらくは
周りの人たちに世話にならざるを得ない
生活になりそうだけど
今までと違った気づきが
たくさんありそうな
予感。
posted by Early bird at 05:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする